経営学特別研究A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
経営学特別研究A
Special Studies of Business Administration A
P420510001 2 1 前期授業 専門科目 EBMAN5201-J1 土3 I-site オープンラボ 山本 浩二

オフィスアワー

適宜、メールで対応します。

授業目標

より実践的・戦略的観点から、関西経済の過去・現在・将来について考え、また現代の経営戦略の特質について検討する。さらには、コミュニケーション術を深化させることにより、経営組織を円滑に運営する技術を学ぶ。多様な講師陣による講義を通じて,多様な観点から経済問題・経営問題を考察し,柔軟な発想と深い洞察力を養うことを目標とする。

教科書

教科書は使用しない。各講師が、レジュメを用意する。

参考書

必要に応じて、各講師が指示する。

関連科目

経営学関係のあらゆる科目に関連する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

各講師の講義テーマについて、予備知識を得ておく。また、質問すべき事柄について、質問の意図と内容について、簡潔にまとめておく。

授業の概要

本講義では,関西経済の現状と今後の課題,および成功した企業の経営戦略などについて実践的な授業を行う。本学の専任教員とともに,関西経済連合会,大阪商工会議所,関西経済同友会などの関西主要経済団体の役員経験者や著名な企業の経営者を招き,多彩な講義を展開するとともに,受講生からの問題提起に基づき活発な議論を行う。

授業計画

第1回 講義テーマ「複雑化する放送局経営」
テレビ大阪(株)から幹部経営者を招き、現代のテレビ局がもつ多面的な役割と課題について検討する。
準備学習等 事前に、現代の通信・放送メディアが置かれている状況を把握しておく。
第2回 講義テーマ「先端産業におけるイノベーションの特質」
パナソニック(株)の元取締役を招き、半導体事業など先端産業が置かれた経営スピード・事業環境の激変のもとで、いかにして有効なイノベーションを実現するかについて検討する。
準備学習等 産業による経営環境の相違について、予備知識を得ておく。
第3回 講義テーマ「経営環境の変化にどう対応するか?」
かつては大量生産の出現とともに、経営戦略の変更が必要となり、近年ではIT技術の展開とともに、経営戦略が変わりつつある。時代の変遷と経営戦略との関係を考察する。
準備学習等 かつてのフォード・システムについて、近年のIT技術について、概要を把握しておく。
第4回 講義テーマ「日本的経営の源流」
近江商人の流れを受け継ぐ経営者を招き、現代の経営と「三方よし」経営との関係を考える。
準備学習等 伝統や慣習は、乗り越えるものか、継承するものか?伝統と進化について考えてみよう。
第5回 講義テーマ「関西の発展戦略」
関西経済連合会から幹部を招き、関西経済の現状と将来について、綿密なデータを検討しながら考察する。
準備学習等 関西経済の特質について、いくつか調べてみる。
第6回 講義テーマ「高齢化社会での地域活動の取り組み」
高齢化社会での地域コミュニティ活動の事例を検討しながら、これからの我が国の地域の活性化の方向性について考察する。
準備学習等 高齢化社会における地域のコミュニティについて考えてみる。
第7回 講義テーマ「グローバル化と文明の多元化時代における日本の対応」
グローバル化が進む現代において、一方では、文明や価値観の相違・対立が目立っている。日本は、いかにしてこの時代を乗り切るのか?
準備学習等 現代における文明・価値観・宗教・国民性などの違いについて、予備知識をまとめておく。
第8回 講義テーマ「大阪経済・産業の歴史」
大阪経済の研究者を招き、大阪産業の歴史的特質をデータに基づき、綿密に考察する。同時に中小企業の大きな役割を明らかにする。
準備学習等 大阪の産業の特質について、調べておく。
第9回 講義テーマ「花と緑の社会経済効果」
環境デザインや植物を活かす事業を展開する経営者を招いて、花と緑の社会的役割や経済効果について考察する。
準備学習等 植物園や緑のテーマパークなどの役割について考える。
第10回 講義テーマ「地域社会をゆたかにするビジネス」
近年は、高齢社会という環境にもとで地域に根ざしたビジネスが注目されている。成功した事例を検討することにより、地域社会の経営戦略を考える。
準備学習等 地域社会と関連した事業の例を探しておく。
第11回 講義テーマ「競争力強化のための社内コミュニケーション形成」
企業経営にとって社内コミュニケーションの円滑化は、極めて重要ではあるが、長期的な取り組みが必要な課題である。そのための有効な取り組みについて考える。
準備学習等 コミュニケーション形成の成功した事例の特徴をまとめておく。
第12回 講義テーマ「『ココロの元気』の作り方」
コミュニケーション術やコーチングの達人を招き、企業やそのメンバーを元気にする実践的方策を考察する。
準備学習等 自ら実践したことのあるコミュニケーション術の概略をまとめておく。
第13回 講義テーマ「大学を元気にする方策」
大阪府立大学理事を招き、府立大学の将来や専門分野からの視点で講義を行う。
準備学習等 組織を活性化する方法について、考えてみる。
第14回 講義テーマ「大阪産業の展開(各論)」
大阪のさまざまな産業分野の集積と展開について、詳しく考察する。
準備学習等 大阪の繊維産業、製薬産業、機械産業などの起源を調べてみる。
第15回 講義テーマ「関西経済の動向と地域未来投資促進」
経済産業省から講師の方を招き、関西の経済と地域未来投資促進について考察する。
準備学習等 地域の経済に影響する未来の投資について、考えてみる

成績評価

議論への取り組み、質疑応答の内容、授業の感想レポートなどにより総合的に評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

各授業は、日程調整の関係上、開講月日については、入れ替わる可能性があります。また、都合により、講師が交替する可能性があります。