Academic English IIB<3組>(工学・電気電子)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IIB<3組>(工学・電気電子)
Academic English IIB
A310040030 2 1 後期授業 外国語科目(英語) FLENG1504-J2 金2 B3-317,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 岩井 千春

オフィスアワー

月曜日 12時20分〜12時50分、木曜日 12時20分〜12時50分
金曜日 12時20分〜12時50分 (事前にメールで連絡すること)

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてスピーチ、プレゼンテーションの基礎力を養成することを目的とします。

教科書

English Presentations Today 『アクティビティで学ぶ英語プレゼン術』Christopher Pond 著 南雲堂

参考書

必要に応じて授業時に指示する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

1) 授業で学習するUnitを予習してから授業を受けること、2) 指示した課題に取り組み、期限までに提出すること、3) 既習の授業内容についての小テストも行うので、復習も行うこと。

授業の概要

この授業では、英語でのスピーチやプレゼンテーションを行うための基礎を身につけることを目的とします。テキストに従って、英語でのスピーチやプレゼンテーションの構成の方法、使用すべき語彙・表現、発表の際の態度・心構えなどを習得します。本授業はオンラインと対面の混合授業とします。

授業計画

第1回 オリエンテーション、授業の進め方、シラバス提示

第2回 ~第13回
指定のテキストに沿って、授業を進める。各Unit の主な内容は以下の通り。
Introduction, Unit 1: Getting started (Organizing a presentation, Contents of an introduction)
Unit 2: Getting started 2 (Useful language and vocabulary, Checklist for the introduction)
Unit 3: Making a Good Impression (Posture and eye contact, Using gestures)
Unit 4: Making a Good Impression 2 (Using gestures, Checklist for making a good impression)
Unit 5: Making Your Point (Different types of presentation, The body section of a presentation)
Unit 6: Making Your Point 2 (Useful language and vocabulary, Check list for the body section)
Unit 7: The Visual Story (Types of visual aids)
Unit 8: The Visual Story 2 (Describing a graph)
Unit 9: The Visual Story 3 (Using bullet points)
Unit 10: Being Understood (Useful vocabulary, Using your voice, Intonation groups)
Unit 11: Being Understood 2 (Sentence stress, Saying numbers)
Unit 12: Concluding Your message (Organizing your conclusion)
Unit 13: Concluding Your message 2 (Concluding phrases)


第14回と第15回 最終プレゼンテーション

※授業の進度は学生の皆さんの様子を見ながらフレキシブルに調整する。また、コロナ感染状況により、授業内容を変更する可能性もある。

成績評価

授業目標 (達成目標) の達成度で成績評価をする。単位取得には、英語でのスピーチやプレゼンテーションを行うための基礎を習得していることが重要である。最終成績は、課題の取り組み状況50%、小テストの結果30%、最終プレゼンテーション (コロナ感染状況により、レポートに変更する可能性もある) 20%から総合的に評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

大学の方針に従い、第1回と第2回の授業は、オンライン授業を行います。