微生物機能開発学特論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
微生物機能開発学特論
Topics in Applied Microbiology
P221030001 1 1 前期授業 専門科目 LAAGC6211-J1 火2 B4-西K-302 川口 剛司・他

オフィスアワー

金曜日昼休み(微生物機能開発学研究グループ)

授業目標

微生物を用いた応用研究の最前線を中心に講義する。応用研究は世界的な状勢や経済・政治的背景と密接に関係することから,それらを踏まえた上でどのように研究を展開するかについて理解することを目標とする。

教科書

特に使用しない

参考書

特に定めない

関連科目

特になし

授業時間外の学習(準備学習等について)

講義の内容について各自でWEBサイトなどで周辺部分も含めてしっかりと復習すること。

授業の概要

3名の教員が現在行っている研究の紹介とそれに関連する世界的な研究について紹介する。

授業計画

第1回 バイオリファイナリ研究の背景(川口) 準備学習等
第2回 植物性バイオマスの構造と特性(川口) 準備学習等
第3回 植物性バイオマスの酵素糖化(川口) 準備学習等
第4回 診断用酵素開発の現状(炭谷) 準備学習等
第5回 微生物の生存戦略(炭谷) 準備学習等
第6回 糸状菌における遺伝子発現制御(谷) 準備学習等
第7回 寄生雑草の微生物防除(谷) 準備学習等
第8回 総括 準備学習等

成績評価

レポートにより評価する。