構造評価特別講義

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
構造評価特別講義
Selected Topics in Structural characterization
P131040001 2 1 前期授業 専門科目 TSMAE7A30-M1 火2 B5-2A08 森 茂生

オフィスアワー

火曜日 12時10分~12時55分

授業目標

本講義では、
(1)結晶学の基礎を理解し、International Table を用いて結晶構造解析を行なうことができる。
(2)X線回折法を理解し、固体結晶の構造解析ができること。
(3)電子線回折法を理解し、固体結晶の構造解析ができること。
を目標とする。

教科書

結晶電子顕微鏡学―材料研究者のためのー 坂公恭著 内田老鶴圃
物質からの回折と結像 今野豊彦著 共立出版社

参考書

配布プリント

関連科目

特になし

授業時間外の学習(準備学習等について)

配布プリントを用いて講義箇所を予習する。

授業の概要

概論
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(1)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(2)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(3)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(4)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(5)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(6)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(7)
透過型電子顕微鏡による構造観察・解析の基礎(8)
TEMによる誘電体材料の構造物性的研究(1)
TEMによる誘電体材料の構造物性的研究(2)
TEMによる誘電体材料の構造物性的研究(3)
TEMによる誘電体材料の構造物性的研究(4)

授業計画

本講義では、
(1)結晶学の基礎を理解し、International Table を用いた結晶構造解析(7回)
(2)X線回折法を理解し、固体結晶の構造解析ができること。(5回)
(3)電子線回折法を理解し、固体結晶の構造解析ができること。(3回)
について解説する。

成績評価

演習・レポート(50%)および定期試験(50%)により評価し、総合点60%以上を合格とする。