プロセスシステム工学特別講義

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
プロセスシステム工学特別講義
Selected Topics in Process System Engineering
P130760001 2 1 前期授業 専門科目 TSPRE7926-J1 水1 B5-4B44 綿野 哲

オフィスアワー

毎週月曜日 12:10~12:55
B5棟4B-44号室

授業目標

本講義の達成目標を下記に示す。
1.種々の化学装置及び化学プロセスの〔設計〕という概念を理解する
2.既存装置・プロセスの解析法及びそれに基づく設計法を修得する。
3.各種数値シュミレーションに基づく設計、装置・プロセスの制御・運転の難易度を考慮した設計ができる。

教科書

特に指定しない。

参考書

特に指定しない。

関連科目

プロセスシステム特論

授業の概要

種々の化学装置及び化学プロセスの〔設計〕という概念を講述するとともに、既存装置・プロセスの解析法及びそれに基づく設計法、シュミレーションに基づく設計法、装置・プロセスの制御・運転の難易度を考慮した設計法ならびに装置・プロセスの計測・制御システムの設計法等について講述する。

授業計画

第1回 シラバスに基づく講義の概要を説明する 準備学習等 シラバスを読み、講義の内容を把握する
第2回 化学装置及び化学プロセスの設計法(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第3回 化学装置及び化学プロセスの設計法(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第4回 既存装置・プロセスの解析法(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第5回 既存装置・プロセスの解析法(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第6回 数値シミュレーションを用いた装置設計法(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第7回 数値シミュレーションを用いた装置設計法(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第8回 プロセスの計測・制御システムの設計法(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第9回 プロセスの計測・制御システムの設計法(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第10回 プロセスの計測・制御システムの設計法(その3) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第11回 プロセスのスケールアップ法(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第12回 プロセスのスケールアップ法(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第13回 生産現場における問題点の解決(その1) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第14回 生産現場における問題点の解決(その2) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第15回 生産現場における問題点の解決(その3) 準備学習等 与えられた課題を解決し、次回講義に必要な文献を調査する
第16回 講義の総括 準備学習等

成績評価

授業目標 (達成目標) の1〜3の達成度で成績評価を行う。
C (合格) となるためには1〜3の全ての項目で基礎的な原理・特徴に答えられることが必要である。成績は、レポートおよび提出物で評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

本講義は対面での実施を予定しているが、新型コロナウイルスの罹患状況により、リモート(オンライン)で実施する場合がある。