イノベーション創出型研究者養成IIA

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
イノベーション創出型研究者養成IIA
Technology-based-Entrepreneurship Course-IIA
O130070001 1 1 通年授業 大学院共通科目 FGCOA7110-B1 割外 後日掲示 松井 利之

オフィスアワー

火曜3コマA6棟325室

授業目標

企業研究者に必要となるMOT(Management of Technology:技術マネージメント)の基礎を学ぶ。事業化に向けた研究開発マネージメントや商品開発戦略,知的財産権の基礎等,技術経営の必要性・重要性を講義・演習を通して学ぶ。

具体的には以下の能力項目を身に付けることが達成目標となる.
1.事業化に向けた技術マネージメント力
2.商品開発戦略
3.知的財産の活用力
4.アントレプレナーシップ

教科書

指定しない。

参考書

授業時間ごとに講師が紹介する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業に臨むにあたり、パンフレットに記載された授業内容に対して自らの考えを整理すること。講義終了後に、自らの考えの変化を検討する時間をとること。授業時間内に提出した課題に対して再度検討を行うこと。

授業の概要

アメリカでの科学技術の社会実装について,イノベーションの重要性,人材,価値創造等の観点からe-learning形式で学ぶ.また,I-Corpsの実施する形式でのワークショップを実施する.

授業計画

第1回 What is innovation? (e-learning) 準備学習等
第2回 Human Capital (e-learning) 準備学習等
第3回 Innovation eco system: The Rainforest (e-learning) 準備学習等
第4回 The Value proposition (e-learning) 準備学習等
第5回 I-Corps stile workshop-1 準備学習等
第6回 I-Corps stile workshop-2 準備学習等
第7回 I-Corps stile workshop-3 準備学習等
第8回 I-Corps stile workshop-4 準備学習等

成績評価

授業中の課題内容、レポートなどで総合的に評価する。C(合格)となるためには、企業における研究のあり方や技術経営の必要性・重要性を理解していることが求められる。