企業家(起業家)について考える。<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
企業家(起業家)について考える。<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010010 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水3 B3-303,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 近藤 真司

オフィスアワー

月・金 12時15分から55分

授業目標

(1)多様な視点から社会科学的な知識と思考を取り入れ活用できること。
(2)経済学的な知識・情報の収集ができること。
(3)収集した知識・情報を活かして考えれること。
(4)得た情報や考えをみんなの前でわかりやすく表現・発表できること。
(5)人からアドバイスにより自分の考えを再検討できること。
(6)自分の考えを文章化できること。

授業時間外の学習(準備学習等について)

主体的に必要な文献を調べ,熟読し,ゼミで議論しまとめることが必要です。

授業の概要

シュンペーターという経済学者は,経済発展は企業によりイノベーションであると言っています。皆さんは企業家というと誰を考えるでしょうか。パナソニックという会社をつくった松下幸之助,インスタントラーメンを作った日清食品の創業者の安藤百福など大阪からも多くの企業家が生まれています。そこで,本講義では,企業家について考えていきます。次のような形で講義を進めていきます。

(1)関心のある企業家・企業に関してテーマを決めます。
(2)その企業家・企業についての資料を調べます。
(3)その資料をもとに,議論をします。
(4)その内容の発表の準備を進めます。
(5)内容の報告を行います。
(6)報告に関して,質疑応答を行います。
(7)報告した内容に関して,各人でレポートにまとめます。

企業家について報告を行いますが,報告・質疑応答等に関して各人の主体性が問われます。
そのため,授業時間外の勉強が重要になってきます。
大阪企業家ミュージアムの訪問も予定しているので,それに参加が必要です。

授業計画

第1回 オリエンテーション 自己紹介 講義の進め方 準備学習等 自分の関心を説明できるようにしておく。
第2回 図書館ツアー・資料の調べ方 準備学習等 事前に図書館に行っておく。質問を考える。
第3回 企業家について(1) 準備学習等 発表の準備・
第4回 企業家について(2) 準備学習等 発表の準備・
第5回 企業家について(3) 準備学習等 発表の準備・
第6回 企業家について(4) 準備学習等 発表の準備・
第7回 研究報告会(1) 準備学習等 報告内容の再検討と修正
第8回 研究報告会(2) 準備学習等 報告内容の再検討と修正
第9回 研究報告会(3) 準備学習等 報告内容の再検討と修正
第10回 研究報告会(4) 準備学習等 報告内容の再検討と修正
第11回 企業家について(5) 準備学習等 発表の準備・
第12回 企業家について(6) 準備学習等 発表の準備
第13回 最終報告書(1) 準備学習等 報告レポートの作成
第14回 最終報告書(2) 準備学習等 報告レポートの作成
第15回 まとめ 準備学習等 このゼミナールで学んだこと,自分にとって成長したことを考えておく

成績評価

①授業への参加度・積極性 ②プレゼンテーションの内容を60% ③レポートの作成・内容40%で評価を行います。総合して,60%でC評価となります。