Academic English IIA<5組>(工学・物質)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IIA<5組>(工学・物質)
Academic English IIA
A310030025 2 1 後期授業 外国語科目(英語) FLENG1503-J2 金3 B3-316 岩田 雅彦

オフィスアワー

金曜日12:15-12:50

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてライティングの基礎力を養成することを目的とします。パラグラフレベルのまとまった内容を書く能力を養います。

教科書

Weaving It Together, Fourth Edition
<Book 3>978-1-305-25166-3 Student Book 3 (232 pp)

参考書

プリント等を配布する。詳細は授業時に指示する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

正しい論理的な英文を書くためには相当量のインプットが必要であるため、主としてリーディングを多く課す。また、授業時間内で指示する動画を視聴し、ディクテーションすることを主たる時間外学習とする。毎回実施される単語テスト及びディクテーションの準備も授業時間外の学習に含まれる。併せて良質で信憑性の高い公的機関の英文を数多く読むこと、学期中に最低1冊は洋書を読破することを目標とする。

授業の概要

多様なトピックを扱いながら、ライティングを中心として4技能を高めるべく学習する。ライティングにおいては単語から文へ、文から段落へ、そして段落から文章へ論理的に展開できるよう指導する。英文の論理を良質の英文から学び、スピーチ原稿等にも反映できるようにする。

授業計画

第1回 はじめに:授業方針の説明および授業時間外学習の指示。 準備学習等
第2回 単語テスト、ディクテーション
自己紹介文の書き方
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第3回 単語テスト、ディクテーション
ライティングの基本:なぜ書くのか?何を伝えたいのか?
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第4回 単語テスト、ディクテーション
ライティングの基本:ライティングのルール
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第5回 単語テスト、ディクテーション
ライティングの基本:単語の使い方と品詞
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
課題
第6回 単語テスト、ディクテーション
英文の構成:General to specific, specific to general
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第7回 単語テスト、ディクテーション
英文の構成:Problem to solution
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第8回 単語テスト、ディクテーション
主張の書き方
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第9回 単語テスト、ディクテーション
要約の書き方:剽窃に注意
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第10回 単語テスト、ディクテーション
要約の書き方:パラフレーズ
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
課題
第11回 単語テスト、ディクテーション
時系列と比較
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第12回 単語テスト、ディクテーション
Critical reading
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第13回 単語テスト、ディクテーション
論文のルール
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第14回 単語テスト、ディクテーション
論文の構成
準備学習等 単語テスト、ディクテーション
第15回 ライティングに必要な教養
Academic writingに必要な文法力、特有の語彙および表現
準備学習等 単語テスト、ディクテーション

成績評価

成績は、毎回の課題(単語テスト、ディクテーション、ライティングなど)40%、課題20%、期末試験40%とする。
授業目標(達成目標)の達成度で評価する。
合格(C以上)のための最低基準は、すべての評価基準において60%以上を達成すること。
たとえばレポートの場合、フォーマット、締め切りを遵守した上で、必要最低限の内容を含んでいれば60%、それ以上は内容に応じて加点する。