Academic English IIA<4組>(工学・物質)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IIA<4組>(工学・物質)
Academic English IIA
A310030024 2 1 後期授業 外国語科目(英語) FLENG1503-J2 金3 B3-303 加藤 雅之

オフィスアワー

授業前後の時間に対応する。また、メールも活用すること。

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてライティングの基礎力を養成することを目的とします。パラグラフレベルのまとまった内容を書く能力を養います。

教科書

靜哲人 著
Writing Facilitator (Revised Edition) (松柏社 9784881987513)

参考書

必要に応じて適宜指定する

関連科目

Academic English IA

授業時間外の学習(準備学習等について)

毎回、次回の予習およびミニエッセイの内容を指示する。

授業の概要

前期に培ったリーディングスキルをさらに発展させるとともに、下記の目標の達成をめざす。

1 パラグラフライティングの概念を習得する
2 コミュニケーションに支障がない程度の文法的・文体的正確さをもったまとまった分量の英文 (150~200語)が書けるようになる
3 ピアレビュー、フィードバックを通じて、推敲の技術を学ぶ

授業では下記の活動を行う

1.語彙トレーニング
2.発音トレーニング
3.Writing Facilitator
4.ミニエッセイ・セッション(毎回100語前後のミニエッセイを持ち寄り、合評する)
5.英作トレーニング

授業計画

1 Orientation
2 Unit 1: A Paragraph as a Product
3 Unit 2: Writing a Topic Sentence
4 Unit 3: Writing Supporting Sentences
5 Unit 4: Writing a Concluding Sentence
6 The Process of Paragraph Writing
7 Unit 5: Explaining Your Character
8 Unit 6: Describing Your Daily Life
9 Unit 7: Expressing an Opinion
10 Unit 8: Giving Advice and Instructions
11 Unit 9: Comparing and Contrasting 
12 Unit 10: Explaining Japanese Culture
13 Unit 11: Describing Data Expressed in Graphs
14 Unit 12: Summarizing What You Have Read
15 期末テスト・フルエッセイ
16 Review

成績評価

達成目標に照らして、以下の項目それぞれにおいて、総合点数の60%以上を合格とする。

予習・授業貢献: 30%
ミニエッセイ: 20%
フルエッセイ 20%
英作文:   10%
期末テスト: 20%

備考(実務経験の活用を含む)

上記の内容・スケジュール・成績評価の最新の内容については、あらためてオリエンテーション時に詳しく説明するので、第1回目は何があっても出席されたい。(やむを得ない場合はメールを)