倫理学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
倫理学
Ethics
B402670001 2 2 前期授業 専門科目 DWETH2332-J1 火2 B3-119 亀喜 信

オフィスアワー

水曜または木曜の昼休み。他の時間を希望の場合、予めメールで連絡してください。

授業目標

現代における倫理を考えるための基本的な考え方、価値について理解する。具体的には
(1)アリストテレスにおける幸福と徳
(2)カントにおける理性(法)と人格
(3)J.S.ミルにおける自由と功利主義
(4)ロールズにおける正義論
(5)公共性と市民
(6)積極的平和主義と平和のための法
(7)権利とケアの関わり

教科書

なし

参考書

授業中に紹介する

授業時間外の学習(準備学習等について)

初回の授業で参考文献一覧を配布するので、興味のある文献を読むこと。

授業の概要

倫理学における重要な考え方、価値のいくつかを取り上げ、説明する。それらは、現代における倫理に関わる問題について主体的に考え、議論するための前提となるものである。
*授業は対面で行います。

授業計画

第1回 イントロダクション 準備学習等 参考文献一覧を配布するので、興味のある文献を読むこと。
第2回 アリストテレス(1) 準備学習等
第3回 アリストテレス(2) 準備学習等
第4回 カント(1) 準備学習等
第5回 カント(2) 準備学習等
第6回 ミル(1) 準備学習等
第7回 ミル(1) 準備学習等
第8回 ロールズ(1) 準備学習等
第9回 ロールズ(2) 準備学習等
第10回 公共性(1) 準備学習等
第11回 公共性(2) 準備学習等
第12回 戦争と平和 準備学習等
第13回 ケアの倫理 準備学習等
第14回 生命倫理 準備学習等
第15回 まとめ&試験 準備学習等

成績評価

400字程度のレポート4回(10点4回)、試験1回(60点)で評価する。合格となるためには、授業目標に示した諸点について、(1)テストで授業内容に即して要点を説明できること(2)レポートで自分の経験や社会の出来事など具体例に則して考察を深められること、が求められる。

備考(実務経験の活用を含む)

課題やレポートは、授業支援システム(Moodle)を用いて提出して下さい。メールによる提出は、届かなかったり、トラブルのもとになるので、受け付けません。
課題やレポートは、ワードファイルで提出して下さい。マックを使用している学生は、PDFに変換して提出して下さい。
質問があれば、いつでもメールで問い合わせて下さい。私的なメールアドレスではなく、大学から与えられたアカウント(...@edu.osakafu-u.ac.jp)を用いて下さい。