植物系統分類学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
植物系統分類学
Plant Systematics and Evolution
B301170001 2 2 前期授業 専門科目 CAABS2416-J1 木1 B11-4 横井 修司

オフィスアワー

火曜日 12時15分~12時55分

授業目標

地史と人間活動のなかで形成されてきた植物の生活史や形態・生理・生態的および遺伝的特徴の多様化の過程について、個々の分類群の特徴と系統関係を理解する。これによって、植物の応用研究を行う上で不可欠な系統分類学的な思考力を養う。
 例えば、3年次以降の卒業研究等で特定の植物を材料として実験を行う場合に、その植物がどのような進化を経て現在に至ったかや、多様な生物の中で系統分類学的位置どのような位置にあるかを理解できるようにする。そして、その植物種の性質を客観的に評価し、将来の進化や応用的な利用に思いを巡らす力を培う。

参考書

植物分類学、伊藤元己著、東京大学出版会、2013年、2800円
微生物の世界、宮道慎二ら編、筑波出版会、2006年、12600円
生物学辞典第4版、東京化学同人、2010年、10290円
Essential細胞生物学第3版、南江堂、2011年、8400円
初歩から学ぶ生物学、角川選書、2003年、1470円

授業時間外の学習(準備学習等について)

・予習すべきポイントを、事前の授業や授業支援システムで知らせますので,参考書、インターネットなどを活用して調べておいてください。各回の講義終了時に課題の有無,提出期限を知らせますので、必ず取り組んで下さい。

授業の概要

地史と人間活動のなかで形成されてきた植物の生活史や形態・生理・生態的および遺伝的特徴の多様化の過程について、個々の分類群の特徴と系統関係を解説する。分子系統学および比較ゲノミクスの基礎と実践、コアコレクションやジーンバンクについて解説する。

授業計画

第1回 ガイダンス 準備学習等
第2回 系統分類とは 準備学習等
第3回 仲間であるということ、縁が遠いということが次にどうつながるのか? 準備学習等
第4回 分類するとき何を調査するのか?(グループワーク) 準備学習等
第5回 原核生物と真核生物 準備学習等
第6回 生殖の方式(有性生殖と無性生殖) 準備学習等
第7回 自殖性植物と他殖性植物 準備学習等
第8回 栄養繁殖と種子繁殖 準備学習等
第9回 分子系統樹 準備学習等
第10回 被子植物と裸子植物 準備学習等
第11回 コアコレクションの考え方(グループワーク) 準備学習等
第12回 ジーンバンクの考え方(グループワーク) 準備学習等
第13回 起源地と伝搬と進化(グループワーク) 準備学習等
第14回 系統分類学のまとめI 準備学習等
第15回 系統分類学のまとめII 準備学習等
第16回 定期試験 準備学習等

成績評価

成績はレポートや小テスト等が20%、定期試験が80%の計100%で評価し、60%を合格最低基準とする。3分の1以上の欠席は評価対象にしない。小テストや定期試験では、基礎的知識に加えて、とくに植物の生活史や形態・生理・生態的および遺伝的特徴の多様化の過程を、論理的なつながりとして理解しているかを評価する。