無機化学IIA

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
無機化学IIA
Inorganic Chemistry IIA
B201480001 2 2 後期授業 専門科目 BCCHE2613-J1 金2 A5-124 林 晃敏

オフィスアワー

火曜Vコマ(あらかじめメールで問い合わせること)

授業目標

pブロック元素の電子配置、性質と化合物の主な特徴を理解できるようになる。dブロック元素に関して、結晶場理論を説明できるようになる。遷移元素の化合物の特徴、構造、蛍光体や磁性体としての性質を総括的に理解できるようになる。

教科書

基本無機化学、荻野博、飛田博実、岡崎雅明 著(東京化学同人 第3版 2016)

参考書

・田中勝久、髙橋雅英、安部武志、平尾一之、北川進 訳 「シュライバー・アトキンス無機化学 上・下」(東京化学同人)
・平尾一之、田中勝久、中平敦 著 「無機化学 -その現代的アプローチ-」(東京化学同人)
・リー無機化学 浜口博・菅野等訳(東京化学同人)

関連科目

無機化学序論、無機材料化学

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業前に、授業予定の項目についての教科書を読み、予習すること。授業中は必ずノートをとり、講義内容を復習しておくこと。毎回行う小テストの復習をしておくこと。

授業の概要

無機化学は、周期表によって整理された多数の元素を対象とする学問分野である。無機化学序論の基礎の上に立ち、pブロック元素の電子配置、性質と化合物の主な特徴について説明する。dブロック元素については、各論的な説明というよりも、結晶場理論を用いて遷移元素の特徴、構造、性質を総括的に理解することを目指す。無機化合物のもつ多様さと複雑さのために、多くの事実の集積になりがちな無機化学の系統的な理解に努める。

授業計画

第1回 ガイダンス、無機化学序論の復習 準備学習等 無機化学序論の復習
第2回 pブロック元素の概要、13族元素の電子配置、性質と化合物について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.152~p.155
第3回 14族元素の電子配置、性質、水素化物、ハロゲン化物、酸化物、硫化物について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.156~p.160
第4回 炭素とその化合物、同素体について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.168~p.170
第5回 ケイ素とその化合物、様々なケイ酸塩、ガラス、セラミックスについて学ぶ。 準備学習等 教科書 p.170~p.172
第6回 15族元素の性質、水素化物、酸化物、硫化物について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.172~p.176
第7回 窒素酸化物、窒素以外の酸化物、リンのオキソ酸、リン酸について学ぶ。 準備学習等 配布資料
第8回 酸素と硫黄などの16族元素の性質と化合物、硫化水素、オキソ酸塩について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.176~p.182
第9回 酸化物の一般的性質、炭酸塩、硝酸塩、硫酸塩について学ぶ。 準備学習等 配布資料
第10回 総合演習1 準備学習等 第2回~第9回の講義内容の復習
第11回 dブロック元素の概要、有効核電荷、遷移金属の電子配置と性質について学ぶ 準備学習等 教科書 p.183~p.192
第12回 結晶場理論について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.225~p.230
第13回 結晶場安定化エネルギーとヤーンテラー効果について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.230~p.235
第14回 遷移金属化合物の光の吸収、蛍光について学ぶ。 準備学習等 教科書 p.236~p.244
第15回 総合演習2 準備学習等 第11回~第14回の講義内容の復習
第16回 期末試験 準備学習等

成績評価

授業目標の達成度をはかることで成績評価を行う。合格となるためには,無機化学の基本問題(教科書の演習問題など)に答えられることが必要である。成績は,期末試験(80%), 小テスト(15%), レポート(5%)で評価する。