化学外国語演習

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
化学外国語演習
Exercises in Chemical Foreign Languages
B201460001 1 3 前期授業 専門科目 BCOCH2611-M2 火4 A5-202,A5-206,A5-305,B3-206 床波 志保・他

授業目標

講義では英語に的を絞り、英語で大学1,2年生向けに編集された化学の教科書、音声ファイルおよび映像ファイルを用いながら、基礎的な化学現象の理解(読む・聞く・書く)と表現方法を身に付けることができる。さらに、英語によるプレゼンテーション(話す)の練習を行い、単に化学英語を覚えるのではなく、英語を基本言語とする文化圏の人々とのコミュニケーションの基礎を身に付けることができる。

教科書

「Exercise in Chemical Foreign Languages 2015」(初回に配付)
「化学英語101」國安均,化学同人(各自、生協で購入すること)

参考書

「Chemistry: Science of Changes」(Sanders College Publishing)
「Living Science」(Oxford University Press)
「Judy先生の耳から学ぶ科学英語」(講談社)
「化学英語-英語らしい表現とその使い方」(東京化学同人)
「科学者のための英語口頭発表のしかた」(朝倉書店)ほか
英和辞書のほか、化学用語英語辞典など専門的な辞書

授業時間外の学習(準備学習等について)

外国語習得には外国語に慣れることが重要であり,時間外学習(予習と復習)が欠かせない.特に小テストは範囲を明らかにしてあるので,十分な予習をしておくこと.また,ヒアリング用の音声ファイル(WMA形式)は以下のwebsiteからダウンロードできるので,予習に活用すること.http://www2.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka3/ECFL.htm
また,大学院の入試に必要になるので,TOEIC試験も積極的に受験すること.

授業の概要

将来,化学技術者あるいは研究者として自立するためには,外国語(主として英語)での情報収集,情報発信,意思疎通が必要不可欠である.講義では(1)外国語で書かれた論文・参考書・解説書などの読解,(2)外国語音声ファイルを利用した正しい化学用語の発音の実践,(3)外国語での講演内容の理解,(4)化学関連事象の外国語よる記述,(5)外国語音声ファイルの聞き取り・書き取り,をほぼ毎時間行う。さらに,(7)ビデオ映像の内容理解と(8)外国語での短いプレゼンテーションを15回の講義中で1,2度行う.
具体的な授業の進め方
① 小テスト(毎時間,101の出題範囲から)
② 読解(ECFLの予め指定した範囲の読解)
③ 聴取(ECFLの予め指定した範囲の内,Nativeの英語を聞きながら,その理解,書取,発音練習)
④ ビデオ視聴(映像と音声による内容理解,聴取と議論)
⑤ SP(ショートプレゼンテーション,予め与えられたキーワードを用いる)

授業計画

第1回 ガイダンス(授業の進め方についての注意等)
小テスト「化学英語101」より
準備学習等
第2回 小テスト「化学英語101」より
読解 原子やイオンのサイズ、化学結合、ほか
聴取 高分子に関する内容
準備学習等
第3回 小テスト「化学英語101」より
読解 結合次数、電気陰性度、ほか
聴取 高分子に関する内容
準備学習等
第4回 小テスト「化学英語101」より
読解 イオン結合、イオン・共有結合、ほか
聴取 高分子に関する内容
準備学習等
第5回 小テスト「化学英語101」より
読解 石油の精製・蒸留、直鎖アルカン、ほか
聴取 高分子に関する内容
準備学習等
第6回 小テスト「化学英語101」より
読解 環状・枝分かれアルカン、ほか
聴取 高分子に関する内容
準備学習等
第7回 小テスト「化学英語101」より
ビデオ視聴「周期表」
準備学習等
第8回 前半のまとめと演習 準備学習等
第9回 試験の解説
ショートプレゼンテーション
準備学習等
第10回 小テスト「化学英語101」より
読解 不飽和炭化水素、芳香族化合物、ほか
聴取 溶液、酸・塩基に関する内容
準備学習等
第11回 小テスト「化学英語101」より
読解 ハライド、アルコール、ほか
聴取 配位化学に関する内容
準備学習等
第12回 小テスト「化学英語101」より
読解 アルデヒド、カルボン酸、アミン、ほか
聴取 立体化学に関する内容
準備学習等
第13回 小テスト「化学英語101」より
ビデオ視聴「化学と環境」
準備学習等
第14回 定期試験 準備学習等
第15回 試験の解説
ショートプレゼンテーション
準備学習等
第16回 予備日 準備学習等

成績評価

・達成目標の達成度に応じて評価する.
・演習・小テスト・プレゼンテーション(40%),定期試験(60%)により総合的に評価する.
・演習科目であるため,出席を重視した成績判定を行う.
・理由無き欠席・遅刻は大幅な減点対象となるので注意すること.
・C以上(合格)となるためには,演習に積極的に参加したうえで、授業で使用する教科書・参考書の理解、基本的な問題が解けることが必要である.