知識情報システム学卒業研究

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
知識情報システム学卒業研究
Graduation Thesis Project in Knowledge and Information Systems
B100470010 6 4 通年授業 専門科目 AKKIS4250-J2 割外 研究室 菅野 正嗣

オフィスアワー

火曜 12:10~12:55

授業目標

知識情報システム関連分野における研究の最先端を理解させるための輪講とゼミ形式の演習を行い、受講生各自がそれぞれの研究テーマについて取り組むことによって、その研究成果の発表および卒業論文の執筆を通じて、学類の教育内容の理解を深め、コミュニケーション能力、自己表現能力を身につけさせ、本学の卒業生として誇りを持って社会に出られるような総合的能力の養成を目標とする。具体的には、以下の能力を身に付けることを達成目標とする。

1. 取り組んでいる研究テーマに関する関連研究の動向を調査することができる。
2. 課題を解決するための手法や、データの分析方法を検討し、考察することができる。
4. 得られた研究成果を発表することができる。
5. 得られた研究成果を卒業論文としてまとめることができる。

教科書

研究題目に応じて適宜,図書・文献を指示する。

参考書

研究題目に応じて適宜,図書・文献を指示する。

関連科目

知識情報システム学類標準履修課程に記載の全科目

授業時間外の学習(準備学習等について)

研究テーマとして取り組む課題を解決するためには、授業時間外の文献検索や講読、プログラム作成やデータ取得、レポートや発表資料の作成等、多くの時間を必要とする。時間割で定められた時間帯だけではなく、それ以外の時間にも積極的に研究に取り組むことが求められる。また、自分の研究だけではなく、研究に関するミーティングに積極的に参加することで、研究室内で行われている他の研究テーマに関しても関心を持ち、自らの意見を述べることが望ましい。

授業の概要

担当教員の提示する研究テーマに関する文献研究を行なわせ、問題点や検証すべき仮説を明らかにさせる。関連するデータの収集・分析,プログラムの作成,システム構築など研究テーマに応じて必要となる実験・実習を通して、問題点の解決および仮説の検証を行わせ、最終的に卒業論文にまとめさせる。

授業計画

各自の研究テーマについて、教員の指導のもとに文献調査、実験を行い、毎週実施するミーティングにて報告、討議を行う。また、それらの成果を卒業研究論文をまとめるとともに卒業研究発表会にて発表する。

成績評価

授業目標(達成目標)の1~4の達成度で評価を行う。C(合格)となるためには、1) 自らが取り組んでいるテーマの関連研究を調査し、2) 課題の解決手法や、データ分析手法を提案し、3) 得られた研究成果を研究発表会において発表し、4) さらに卒業論文として取りまとめることが必要となる。