データベースと情報検索(現シス(知識))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
データベースと情報検索(現シス(知識))
Database and Information Retrieval
A600550002 2 2 前期授業 理系基礎科目 FLPRI2955-J1 水3 C5-実習室1-A,C5-実習室1-B,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 小島 篤博

オフィスアワー

毎週月曜11:00〜12:30 B3棟539

授業目標

自らがコンピュータ上に情報を蓄積する方法(データベースの構築)とそのデータベースから自分に必要な情報を探し出すための方法(情報検索)について講義・演習を行ないます。

教科書

増永良文 リレーショナルデータベース入門[第3版]―データモデル・SQL・管理システム サイエンス社

参考書

谷尻かおり著『これだけはおさえたい データベース基礎の基礎』技術評論社
増永良文 データベース入門 サイエンス社
井上香緒里著『これからはじめる Access の本』技術評論社
マンガでわかるデータベース オーム社
リレーショナルデータベース入門―データモデル・SQL・管理システム サイエンス社

授業時間外の学習(準備学習等について)

指定する教科書の範囲を読んでおくようにして下さい。

授業の概要

情報の蓄積と検索の技術、特にリレーショナルデータベースについて、基本的な考え方やSQLの文法、テーブルの設計等の項目について詳しく説明する。

授業計画

以下の項目について、講義・演習を行なう。
・情報の蓄積と検索

・ データベースとは
・データモデル
   ・関係代数モデル
・ データベースの実習
・データベースの設計・作成
・データベースからの検索
・ データベース管理システム
・ビューの提供、一貫性
・ データベースの開発事例
・中尾佐助スライドデータベース

*授業計画などは教科書の進行によっては前後する可能性あり。

成績評価

中間テスト(40%)、最終テスト(40%)、レポート(20%)を原則に評価を行う。

備考(実務経験の活用を含む)

授業の資料配布や課題提出などは授業支援システムを利用して行います。随時チェックするようにして下さい。