コンピュータアーキテクチャ(現シス(知識))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
コンピュータアーキテクチャ(現シス(知識))
Computer Architecture
A600530002 2 2 前期授業 理系基礎科目 FLCSI2953-J1 火2 B3-201,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 太田 正哉

オフィスアワー

火曜日 12:10~13:00

授業目標

・コンピュータにおけるデータの表現方法について理解する
・CPUの仕組みやマシン語について理解るす
・論理回路について理解する
・コンパイラの仕組みやOSの役割について理解する

教科書

指定なし

授業時間外の学習(準備学習等について)

各回毎に課題を指示する。

授業の概要

コンピュータの構成やデータ表現、構成要素である論理回路や演算装置について講義する。またCPUの動作原理とソフトウェアが動作する仕組みやOSの役割について講義する。

授業計画

1.データ表現(2進数,数値表現,文字・画像・音声,符号化)
2.ハードウェア(CPUアーキテクチャ,マシン語,論理回路)
3.ソフトウェア(コンパイラ,オペレーティングシステム)

成績評価

小テスト,レポート,期末テスト等を通して達成度で評価する.C(合格)となるためには講義中の解説,例題,演習問題の解法等を理解した上で関連する応用問題を解くことができる能力を身に付けている必要がある.小テスト,レポート,期末テストで60%以上の得点を得ることで授業目標を6割以上習得できたとして合格とする.