地学実験(工学域・生命環境科学域)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
地学実験(工学域・生命環境科学域)
Experiments for Earth and Planetary Sciences
A600510002 2 1 後期授業 理系基礎科目 FLEAS1951-J3 水4,水5 B3-地学実験室 桑原 希世子

オフィスアワー

在室時は随時対応します。

授業目標

地学に関する基礎的な実験・実習を通じて、地学的素養を身に付ける。それをもとに、地球環境や防災などの問題に対して、応用できるようになる。

1 地形図や空中写真から、地形の特徴を読み取れるようになる。
2 地質図、ハザードマップ、天気図を理解し、利用できる。
3 簡易測量でルートマップを作成できる。
4 岩石・鉱物・化石を観察し、その特徴を捉え、スケッチや言葉で表現できる。
5 実体顕微鏡と偏光顕微鏡の使用法を習得し、基本的な造岩鉱物の鑑定ができる。

教科書

なし。プリントを配布します。

関連科目

地球システム科学

授業時間外の学習(準備学習等について)

次回の課題について項目やキーワードを指示するので、調べておくこと(1時間)。復習を中心とし、ノートを整理し、不明な点を調べること(2〜3時間)。授業時間内に終えられる課題もあるが、宿題でのレポートを課すことがある。レポート提出は必須である。

授業の概要

地学は時間的・空間的に幅広い範囲を扱う科目である。地形図・地質図の判読、空中写真判読などの基本的な実験・実習から、時空の広がりを読み解いていく。岩石・鉱物・化石の観察では、スケッチを取り入れ、手標本から顕微鏡下のスケールでの観察眼を磨く。また、気象分野として、天気図を扱う。

授業計画

第1回 ガイダンス、地形図入門 準備学習等 シラバスを読んでおこう。
第2回 地形の読み方1 地形断面図の作成 インターネットを利用した地形情報の利用 準備学習等 国土地理院「地理院地図」にアクセスし、どんなことができるか試してみよう。課題レポートを作成しよう。
第3回 地形の読み方2 接峰面図の作成 ハザードマップの利用 準備学習等 「六甲変動」について調べてみよう。課題レポートを作成しよう。
第4回 測量:クリノメーターと歩測によるキャンパス地図(ルートマップ)の作成 雨天の場合は別課題と順序を変更する。 準備学習等 クリノメーターの使い方を調べておこう。課題レポートを作成しよう。
第5回 地質図学:地質図・地質断面図の書き方と読み方 インターネットを利用した地質情報の利用 準備学習等 地質調査所「地質図Navi」にアクセスし、自宅周辺の地質は何か調べてみよう。地層境界線や地質断面図の描き方について復習し、整理しておこう。
第6回 空中写真の立体視と地形判読 準備学習等 立体視の原理、活断層地形、火山地形について調べておこう。課題レポートを作成しよう。
第7回 大型化石・微化石の観察とスケッチ 双眼実体顕微鏡の使用法 準備学習等 地質年代について調べておこう。課題レポートを作成しよう。
第8回 火山灰の分析 準備学習等 火山灰に含まれる鉱物を調べておこう。課題レポートを作成しよう。
第9回 岩石の肉眼観察 ルーペの使用法 準備学習等 火成岩の分類と特徴を調べておこう。課題レポートを作成しよう。
第10回 偏光顕微鏡による岩石・鉱物の観察1 偏光顕微鏡の使用法 花崗岩のスケッチと鉱物鑑定 準備学習等 岩石・鉱物・偏光顕微鏡に関係する、読みやすい本を図書館で探し、読みはじめよう。
第11回 偏光顕微鏡による岩石・鉱物の観察2 花崗岩のモード組成の分析 深成岩の観察 準備学習等 花崗岩について調べよう。鏡下での観察事項を整理しておこう。
第12回 偏光顕微鏡による岩石・鉱物の観察3 火山岩のスケッチと鉱物鑑定 準備学習等 火山岩について調べよう。鏡下での観察事項を整理しておこう。
第13回 偏光顕微鏡による岩石・鉱物の観察4 堆積岩と変成岩 準備学習等 堆積岩・変成岩について調べよう。鏡下での観察事項を整理しておこう。
第14回 偏光顕微鏡による岩石・鉱物の観察5 鉱物鑑定テスト 準備学習等 偏光顕微鏡の使い方と主要造岩鉱物の特徴を復習しておこう。鑑定できなかった鉱物があれば復習しておこう。
第15回 天気図の作成 準備学習等 インターネットで天気図や衛星写真の画像を手に入れよう。作成した日時の前後の天気図や衛星写真を比べてみよう。
第16回 予備日 準備学習等

成績評価

課題とレポートを総合的に評価する。単位取得のためには、授業目標の6割以上が達成されている必要がある。

備考(実務経験の活用を含む)

実験室設備の都合上、定員は24名とする。定員以上になった場合は、教職課程履修者(予定者含む)を優先に選考のうえ、抽選で受講者を決定する。8/23(月)~9/10(金) 午後5時までの期間にアンケートを実施するので、学生ポータルを確認し、必ず答えてください。