化学実験<Aクラス>(工学(物質))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
化学実験<Aクラス>(工学(物質))
Laboratory Chemistry
A600430006 2 1 前期授業 理系基礎科目 FLCHE1943-J3 火4,火5 B3-202,B3-化学実験室,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 松原 浩・他

オフィスアワー

在室時は随時対応します(松原)。

授業目標

学生が化学の実験に必要とする基礎技術と、化学物質の危険性や安全確保に関連する基礎知識を習得することを目標とする。また、化学の基礎知識と実験結果に基づく論理的な思考力とそれを的確に表現できる能力を身につける。

(達成目標)
1)化学実験を安全に行うための基礎知識を習得し、化学物質を安全に取り扱う、また廃棄するための方法と技術の基礎を修得する。
2)化学実験のテーマの目的と概要・理論を理解し、実験装置やガラス器具の適切な取り扱いができる。
3)実験操作や実験経過・結果など得られたデータを実験ノートに正確に記述し、実験ノートを基にレポートを作成することができる。
4)化学の知識と実験結果に基づく論理的な思考力と、それを的確に表現し、議論できる能力をを身につける。

教科書

「化学実験指導書」(大阪府立大学高等教育推進機構)

参考書

「第8版実験を安全に行うために」(化学同人)化学同人編集部編

関連科目

化学A、化学B

授業時間外の学習(準備学習等について)

実験を安全かつ正確・迅速に行なうために、実験を行う前に、その実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、重要な事項を実験ノートに記入する。併せて、使用する器具・試薬の危険性を十分に認識し、安全管理に努める。また、実験時に記入した実験ノートを基にして、実験の目的、概要、操作、経過、結果、結論、考察などをレポートにまとめ、次回の実験開始前にレポートを提出する。

授業の概要

 化学実験では「一次反応速度の測定」、「溶液の電気伝導率の測定」、「吸着平衡」、「緩衝溶液」、「Dumasの蒸気密度法による分子量の測定」、「酸化還元滴定」、「キレート滴定」、「アセトアニリドの合成」、「有機化合物の基礎的な反応」、「陽イオンの分析」の10テーマの実験をグループに分かれて1回1テーマで各自1人で行ない、ぞれぞれのテーマについて各自レポートを作成し提出する。また、各自が行った実験テーマの内から1つのテーマを選び、化学実験報告会で発表(プレゼンテーション)し、お互いに議論する。
化学実験を行うにあたり実験事故の防止のため、第1回目に「安全教育」を実施する。実験器具・装置や化学物質の危険性、実験室での爆発・火災などの危険予知と薬品中毒、受傷、やけどへの応急処置、更には、実験での廃棄物の処理についても学習する。第2回目に前半の5テーマについて説明を行い、各実験テーマについて実験の概要、操作、注意事項などを説明する。実験グループ分け(各グループ8人程度)に従って、第3回から第7回目まで各自一人ひとりが1回1テーマで実験を行い、ぞれぞれの実験テーマについて、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを基にしてレポートを作成し、次回の実験開始前にレポートを化学実験室のレポート棚に提出する。第8回目に後半5テーマについて説明を行い、第9回から第13回目まで引き続き後半の実験を行う。第14回、第15回目では実験を行ったテーマの内、各自が希望するテーマから担当教員が指定する実験テーマについて、実験レポートの内容をPowerPointファイルにまとめ、化学実験報告会でプレゼンテーションし、お互いに議論する。
第1回目の「安全教育」および第2回、第8回目の「実験テーマの説明」を受講していない場合、、第4回以降、および第9回以降の化学実験ができないことになりますので、注意してください。

授業計画

第1回 化学実験のガイダンス、安全教育、実験グループ分け(B3棟201教室で実施) 準備学習等 「化学実験指導書」と「第7版実験を安全に行うために」を購入するなど準備し、読んでおく。
第2回 実験テーマの説明(前半)とガラス器具の取扱講習(B3棟201教室、および202教室で実施) 準備学習等 化学実験ノートを準備し、各実験テーマの概要をまとめる。
第3回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第4回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第5回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第6回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第7回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第8回 実験テーマの説明(後半)(B3棟201教室、および202教室で実施) 準備学習等 化学実験ノートを準備し、各実験テーマの概要をまとめる。
第9回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第10回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第11回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第12回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第13回 実験グループ分けに従い、予定された課題テーマで実験を行い、実験の操作、経過、結果、考察を詳しく実験ノートに記入し、実験ノートを作成する。また、実験ノートを基にしてレポートを作成する。 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第14回 化学実験プレゼンテーション(B3棟201教室で実施) 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。担当教員が指定する実験テーマについて、実験レポートの内容をPowerPointファイルにまとめ、発表の準備をする。
第15回 化学実験プレゼンテーション(B3棟201教室で実施) 準備学習等 担当教員が指定する実験テーマについて、実験レポートの内容をPowerPointファイルにまとめ、発表の準備をする。

成績評価

安全に実験を行い、正確に実験ノートを作成し、レポートを提出することによって、その実験テーマは完了します。
成績評価は授業目標(達成目標)の達成度に基づいて、実験操作、実験台・器具の後片付け、薬品の廃棄、実験ノートの記入などの受講状況の評価(30%)、レポートの評価(60%)、およびプレゼンテーションの評価(10%)で総合評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

第1回目はB3棟201教室に集合して下さい。
第2回目以降は化学実験ノートを必ず毎回持参すること。
化学に関する基礎知識が不足して内容の理解が困難な場合や、レポートの作成が困難な場合は、B3棟2階213教室で提供しています自習用の理数基礎e-Learning教材の「化学」を積極的に利用してください。リメディアル教材だけでなく大学基礎レベルの教材も多数あります。