微積分学II<2組>(物質)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
微積分学II<2組>(物質)
Calculus II
A600100004 2 1 後期授業 理系基礎科目 FLMAT1910-J1 金2 B3-203 數見 哲也

オフィスアワー

専門基礎・数学では、講義内容に関する相談・質問は「質問受付室」(B3棟2階216)で受け付けます。各時間帯の担当教員や質問受付室の地図についての詳しい情報は、高等教育推進機構ホームページの数学質問受付室のページを見てください(高等教育推進機構のトップぺージより質問受付室のバナーをクリックして下さい)。

授業目標

現実世界では2つ以上の要因で結果が定まる場合が普通で、このような現象を数学的に分析する手段が多変数の微分積分学である。
「微積分学II」(「解析学基礎II」)では主に2変数関数の場合を題材とし、基本的な考え方や偏微分、極値問題、重積分などの計算技術の修得を目指す。
具体的には、以下の能力を身につけることを目標とする。
1. 多変数関数の偏導関数が求められる。
2. 基本的な写像のヤコビ行列式が求められる。
3. 2変数関数の極限の存在・非存在が判定できて、極限が存在する場合に極限値が求められる。
4. 2変数関数の全微分可能性が判定できる。
5. 多変数関数の合成関数の偏導関数が求められる。
6. 2変数関数を近似する2変数の多項式を求めることができる。 
7. 基本的な2変数関数の極値を求めることができる。
8. 2変数関数から定まる陰関数の導関数を求めることができる。
9. 2変数関数から定まる陰関数の極値を求めることができる。
10. 基本的な2変数関数の条件付き極値を求めることができる。
11. 重積分に定義を理解した上で、長方形領域上での二重積分を求めることができる。
12. 直方体領域上での三重積分を求めることができる。
13. 縦線領域上での二重積分を求めることができる。
14. 縦線領域上での三重積分を求めることができる。
15. 累次積分の積分順序の変更ができる。
16. 極座標変換を用いることによって二重積分を求めることができる。
17. 極座標変換を用いることによって三重積分を求めることができる。
18. 広義重積分の定義を正しく理解して、基本的な関数の広義二重積分を求めることができる。
19. 簡単な図形の体積を求めることができる。
20. 曲面の面積を求めることができる。

教科書

「理工系新課程-微分積分 基礎から応用まで(改訂版)」培風館  数見・松本・吉富著
ISBN978-4-563-00394-4

「理工系新課程 微分積分演習 --解法のポイントと例題解説--」
培風館(山口睦、吉冨賢太郎 著) ISBN 978-4-563-00395-1

関連科目

微積分学I、線形数学I、線形数学II

授業時間外の学習(準備学習等について)

シラバスに毎回の授業内容に対応する教科書の範囲を記載しているので、指定の範囲を予習をして授業に臨むこと。また復習のための課題を毎回与えるので自宅で取り組むこと。

授業の概要

多変数関数に関して、2変数関数を中心に、連続性、偏微分可能性、全微分可能性、連鎖定理、テーラー展開などについて講義し、それらの応用として極値問題を解説する。後半では、重積分の定義と性質、変数変換とヤコビアン、積分の応用(立体の体積や表面積の計算)について講義する。

授業計画

第1回 イントロ、2変数関数の基本事項について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 149-153 の範囲の予習。
第2回 2変数関数の極限と連続性について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 154-157 の範囲の予習と指定課題。
第3回 2変数関数の偏微分と偏導関数について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 158-161 の範囲の予習と指定課題。
第4回 2変数関数の全微分と高階の偏導関数について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 162-169 の範囲の予習と指定課題。
第5回 合成関数の偏微分について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 172-175 の範囲の予習と指定課題。
第6回 2変数関数のテーラーの定理と2変数関数の極値問題について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 176-182 の範囲の予習と指定課題。
第7回 陰関数について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 183-186 の範囲の予習と指定課題。
第8回 2変数関数の条件付極値問題について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 187-189 の範囲の予習と指定課題。
第9回 ヤコビアンについて学ぶ。
今までの復習を行う。
準備学習等 教科書 pp. 169-171 の範囲の予習と指定課題。
第10回 重積分の定義と計算法について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 193-201 の範囲の予習と指定課題。
第11回 重積分の変数変換について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 202-208 の範囲の予習と指定課題。
第12回 三重積分の計算法について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 209-215 の範囲の予習と指定課題。
第13回 広義の重積分について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 216-221 の範囲の予習と指定課題。
第14回 重積分の応用について学ぶ。 準備学習等 教科書 pp. 222-227 の範囲の予習と指定課題。
第15回 今までの総復習を行う。 準備学習等 指定課題。
第16回 期末試験 準備学習等

成績評価

期末試験+平常点(課題、小テスト等)で評価する。

C(合格)となるためには、授業目標の20項目のうち 1、5、6、7、8、11、13、15、18 のうち6項目
以上について、計算方法を正しく理解し、実行できることが必要である(ただし、軽微なミスは許す)。

備考(実務経験の活用を含む)

授業開始前日までに受講申請を終えておくこと。