朝鮮語入門I<C組>(現シス(知識・マネ・学域)・生命(理学)地域(看護・総リハ))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
朝鮮語入門I<C組>(現シス(知識・マネ・学域)・生命(理学)地域(看護・総リハ))
Introductory Korean I
A350050003 2 1 前期授業 外国語科目(初修外国語) FLKOR1639-J2 水2 B3-301 許 聖一

授業目標

(1)正確なハングル文字の表記及び発音を習得する。。
(2)합니다体の叙述・疑問に関する表現を習得する。
(3)100語程度を用いた簡単な挨拶や自己紹介などの基本文型を習得する。
(4)日常生活でよく使われる基本的な表現や言い回しを理解し、ゆっくりとであれば簡単なやりとりができる。

教科書

『ワンステップ韓国語 文法編ー文字からはじめて中級を目指すあなたへ』朝日出版 河正一著

参考書

斉藤明美『ことばと文化の日韓比較-相互理解をめざして』世界思想社
任栄哲『箸とチョカラ』大修館書店

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業前に予定されている教科書の範囲の韓国語の文を音読する事。本文の新出単語は必ず巻末の索引で調べ、レポート用紙に整理しておく事。

授業の概要

はじめて韓国語を勉強する学生を対象とした週1回の入門レベルの授業である。韓国語の文字であるハングルの正確な読み書きができることはもとより、基本語彙・表現を身に付ける事を目標とする。具体的には、語彙を100程度、覚える事により、決まり文句としての挨拶、簡単な質問ができ、また、答える事が出来る事を目指す。

授業計画

第1回 文字編:第1課 韓国語・朝鮮語の特徴、基本母音 準備学習等 テキストを用意し、2頁~5頁を読んでくる。
第2回 文字編:第2課 基本子音(母音) 激音 濃音 準備学習等 6頁~11頁を読んでくる。
第3回 文字編:第3課 複合母音 準備学習等 12頁~15頁を読んでくる。
第4回 文字編:第4課 パッチン 準備学習等 16頁~19頁を読んでくる。
第5回 文字編:第5課 発音変化 準備学習等 20頁~27頁を読んでくる。
第6回 文字編:まとめ
    日本語のハングル表記
準備学習等 28頁~30頁を読んでくる。
第7回 文法編:第1課 挨拶をする
    입니다,助詞는,은 도 라고/이라고 합니다
準備学習等 32頁~35頁を読んでくる。
第8回 文法編:第1課 挨拶をする
    입니다,助詞는,은 도 라고/이라고 합니다
準備学習等 36頁~37頁を読んでくる。
第9回 文法編:第2課 状況を説明する
    합니다体,助詞를,을
準備学習等 38頁~41頁を読んでくる。
第10回 文法編:第2課 状況を説明する
    助詞에서,助詞에
否定形지 않다
準備学習等 42頁~46頁を読んでくる。
第11回 文法編:第3課 買い物をする。
    指示語、助詞가/이 助詞와/과
準備学習等 46頁~49頁を読んでくる。
第12回 文法編:第3課 買い物をする。
    漢数字,가/이 아니다
準備学習等 50頁~53頁を読んでくる。
第13回 文法編:第4課 予定を述べる
    固有語数詞 助詞에
準備学習等 54頁~57頁を読んでくる。
第14回 文法編:第4課 予定を述べる。
    助詞에서/부터~까지 否定形안
를/을 좋아합니다
準備学習等 58頁~61頁を読んでくる。
第15回 前期学習内容の復習
   これまでの学んだ文法を用いて、作文練習。
準備学習等 補足説明のプリントを配布します。
第16回 期末試験 準備学習等

教科書以外にも補足説明のために、プリントを配布する。
教科書で出て来るハングルが読める事。文法的説明ができる事。重要な文法事項を覚え活用できる事。

成績評価

教科書で出て来るハングルが読める事。文法的説明ができる事。重要な文法事項を覚え活用できる事。
課題(30%) 試験(70%)達成度で評価する。