ドイツ語入門II<C組>(現シス(環境)・生命(獣医・応生・緑地)・地域(教福))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ドイツ語入門II<C組>(現シス(環境)・生命(獣医・応生・緑地)・地域(教福))
Introductory German II
A320060006 2 1 後期授業 外国語科目(初修外国語) FLGER1606-J2 月4 B3-210 西井 美幸

授業目標

「ドイツ語入門Ⅰ」に続き、内容を発展させます。「入門Ⅱ」では過去へと範囲が広がります。辞書を手引きに社会のニュースを理解し、自分の身のまわりに起こったことをドイツ語で言えるようにします。「ドイツ語入門Ⅰ」と「入門Ⅱ」を履修して、「ドイツ語中級」へ進むことができます。そのため「入門Ⅱ」の終了時点で基本的なドイツ語の文法知識はひととおり学びおえることが目標です。総合的な能力としてはドイツ語検定5級程度が目標です。

教科書

橋本政義、Heike Pinnau、橋本淑恵『フィール・シュパース!〈四訂版〉』(郁文堂)
(ISBN 978-4-261-01263-7)
『新キャンパス独和辞典』(郁文堂)(ISBN978-4-261-07306-5)

参考書

辞書は違うものでも構いませんが、学習用の紙の辞書を薦めます。授業時に必ず持ってきてください。
スマートフォンを辞書として使用することは認めません。

授業時間外の学習(準備学習等について)

準備学習として教科書付属のCDを聞き、「文法を学ぼう」の頁をあらかじめ読んでおくこと。
「ドイツ語を読もう」の頁を宿題にするので、授業時間までに読み、辞書を引いて日本語に訳しておくこと。
授業の始めに小テストを実施するので、教科書の例文や練習問題を復習しておくこと。

授業計画

第1回 話法の助動詞、形容詞の比較 準備学習等
第2回 話法の助動詞、形容詞の比較、ホテルの斡旋(会話表現) 準備学習等
第3回 未来、語順(2):副文、zu不定詞 準備学習等
第4回 未来、語順(2):副文、zu不定詞、時刻の読み方、案内(会話表現) 準備学習等
第5回 動詞の三基本形、過去人称変化、現在完了 準備学習等
第6回 動詞の三基本形、過去人称変化、現在完了 準備学習等
第7回 動詞の三基本形、過去人称変化、現在完了、自由な時間(会話表現) 準備学習等
第8回 受動態、再帰動詞 準備学習等
第9回 受動態、再帰動詞、おすすめ(会話表現) 準備学習等
第10回 定関係代名詞、不定関係代名詞 準備学習等
第11回 定関係代名詞、不定関係代名詞、招待(会話表現) 準備学習等
第12回 接続法 準備学習等
第13回 接続法、列車の中で(会話表現) 準備学習等
第14回 長文読解練習 準備学習等
第15回 まとめ 準備学習等

成績評価

授業目標(達成目標)の達成度で成績評価を行います。C(合格)となるためには、後期に学習した文法を理解したうえで、ドイツ語文を読み、書き、話すことが求められます。成績を評価する手段として、授業への参加態度(問題への解答・発表など)小テスト、期末試験を用います。成績評価に占める割合は、参加態度20%、小テスト40%、期末試験40%とします。

備考(実務経験の活用を含む)

週1回4単位コースを受講する学生のために開講します。ドイツ語を第1言語(母語)とする人はこの科目を受講できません。