社会福祉特殊研究6A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
社会福祉特殊研究6A
Special Research on Social Welfare 6A
Q130990001 2 1 前期授業 専門科目 火2 A4-305 山野 則子

オフィスアワー

火曜の昼休み

授業目標

社会福祉実践理論について、その理論構造を押さえる。その上で、わが国の社会福祉方法論、ソーシャルワーク諸理論の歴史的展開、その固有の論理構造、理論的基盤などを確認しながら、現代ソーシャルワークの理論的、実践的課題を検討していく。
 例えば、学校ソーシャルワーク、保育ソーシャルワークという形で児童分野におけるソーシャルワークの展開を考え、実証的研究を具体的に分析方法を演習しながら含めてに迫る。研究方法もともに考える。これらの力が習得できていることが目標である。

教科書

適宜指示する。

参考書

山野則子(2009)「子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク」明石書店
山野則子編(2012)「エビデンスに基づく効果的なスクールソーシャルワーク」明石書店
山野則子(2018)「学校プラットフォーム」有斐閣
適宜指示する。

関連科目

社会福祉特殊研究6B

授業時間外の学習(準備学習等について)

実証的研究の意味、実践理論に関して理解する。そのうえで以下の本を実証研究、開発研究の一例として、読むことで、構造や研究の全体像を把握する。
山野則子(2009)「子ども虐待を防ぐ市町村ネットワークとソーシャルワーク」明石書店
山野則子編著(2012)「エビデンスに基づく効果的なスクールソーシャルワーク」明石書店
山野則子(2018)「学校プラットフォーム」有斐閣
山野則子編著(2019)「子どもの貧困調査」明石書店

授業の概要

以下の内容について基本文献、関連文献をレヴューし、講義とディスカッッションを行う。
1.わが国の社会福祉理論の展開と動向
2.欧米のソーシャルワーク諸理論の論理構造、理論的基盤
3.個別領域(子ども家庭福祉、スクールソーシャルワークなど)の現代的課題と理論的課題
4.実証的研究について(スクールソーシャルワーク、専門職ネットワークなど)

成績評価

「授業内容に関する知識の修得、拡大・深化のレベルを、日頃の学習姿勢、発表内容ならびにレポートなどから判断して、次の5段階で評価する。特段に優れたレベルである(A+)、優れたレベルである(A)、 ふつうのレベルである(B)、ふつうには及ばないレベルである(C)、この科目で求めるレベルに達していない(D)。 」
Cは、実践理論の意味を理解し、クリティークができるレベルに達した場合である。

備考(実務経験の活用を含む)

受講申請をご検討の方は、事前にメールでご連絡ください。

授業は、状況により、対面のみ、非同期のみ、対面・非同期・オンラインすべての併用、の可能性がある。

子どもの問題やスクールソーシャルワークに興味のある方、研究室ホームページもぜひご覧ください。
http://www.human.osakafu-u.ac.jp/ssw-opu/