海洋環境学特論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
海洋環境学特論
Special Topics in Marine Environment
Q122110001 2 1 後期授業 専門科目 HSOES6609-B1 月2 A6-216 大塚 耕司
黒田 桂菜

オフィスアワー

(月)12:55-14:25

授業目標

本科目では、地球環境の中での海洋環境や海洋生態系の役割について理解するとともに、海洋環境の保全・修復・創造に関する方法論や技術を習得することを目標とする。具体的には、以下の能力を身につけることを目標とする。
1.地球環境の中の海洋環境や海洋生態系の役割について説明できること。
2.海洋環境の保全・修復・創造に関する方法論について説明できること。
3.海洋環境の保全・修復・創造に関する技術について説明できること。
4.グループワークで得られた成果をわかりやすくかつ正確に他人に伝えられること。

教科書

授業中適宜配布する。

参考書

授業中適宜配布する。

関連科目

なし

授業時間外の学習(準備学習等について)

海洋環境に関連する文献やデータの収集、解析などを適切に行うこと。

授業の概要

地球環境の中での海洋環境や海洋生態系の役割、あるいは海洋環境の保全・修復・創造に関するトピックスを2~3テーマ与え、そのテーマに関する文献調査と調査結果の報告からなるグループワークを行う。それぞれのグループからの発表ならびに討論を行う。

授業計画

第1回 イントロダクション、トピックス1の説明、グループ分け 準備学習等
第2回 各グループでの調査活動 準備学習等
第3回 各グループでの調査活動 準備学習等
第4回 各グループでの報告まとめ作業 準備学習等
第5回 トピックス1の発表、討論 準備学習等
第6回 トピックス2の説明、グループ分け 準備学習等
第7回 各グループでの調査活動 準備学習等
第8回 各グループでの調査活動 準備学習等
第9回 各グループでの報告まとめ作業 準備学習等
第10回 トピックス2の発表、討論 準備学習等
第11回 トピックス3の説明、グループ分け 準備学習等
第12回 各グループでの調査活動 準備学習等
第13回 各グループでの調査活動 準備学習等
第14回 各グループでの報告まとめ作業 準備学習等
第15回 トピックス3の発表、討論 準備学習等

成績評価

授業目標の1~4の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、
1.地球環境の中の海洋環境や海洋生態系の役割について説明できること。
2.海洋環境の保全・修復・創造に関する方法論について説明できること。
3.海洋環境の保全・修復・創造に関する技術について説明できること。
4.グループワークで得られた成果をわかりやすくかつ正確に他人に伝えられること。
の4点を達成することが求められる。成績は、グループワークでの取り組み姿勢(20%)、グループワークでまとめたレポート(60%)、発表会(20%)で評価する。