社会福祉法特論A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
社会福祉法特論A
Special Topics in Social Welfare Law A
Q121620001 2 1 前期授業 専門科目 HHSWF6731-J1 月3 A4-319(研究室),オンライン(中百舌鳥キャンパス) 関川 芳孝

オフィスアワー

水曜12時15分から13時 A4-319研究室

授業目標

大学院における福祉の制度および政策に関する科目の中でも、制度改正や立法政策上の問題など、法的に問題を把握し考察する科目である。授業のテーマは、高齢福祉、障害福祉、児童福祉に関する法律論文を取り上げて、理解を深める。

教科書

授業の中で紹介する。

参考書

授業の中でその都度紹介する。

関連科目

社会保障特論A・B、福祉政策特論A・Bなど、制度や政策に関する科目の履修が望ましい。

授業の概要

1障害福祉(一回および二回)2高齢者福祉(三回から五回)
3児童福祉(六回から八回)4生活保護(九回から十一回)
5その他(十二回から十四回)6まとめ

授業計画

第1回 障害福祉 準備学習等
第2回 障害者福祉 準備学習等
第3回 高齢者福祉 準備学習等
第4回 高齢者福祉 準備学習等
第5回 高齢者福祉 準備学習等
第6回 児童福祉 準備学習等
第7回 児童福祉 準備学習等
第8回 児童福祉 準備学習等
第9回 生活保護 準備学習等
第10回 生活保護 準備学習等
第11回 生活保護 準備学習等
第12回 判例 準備学習等
第13回 判例 準備学習等
第14回 判例 準備学習等
第15回 まとめ 準備学習等

成績評価

授業内容に関する知識の修得、拡大・深化のレベルを、日頃の学習姿勢、発表内容ならびにレポートなどから判断して、成績を評価する。C合格となるためには、制度改正や立法政策上の問題についての理解が適切か(30点)、先行研究を丁寧に調べているか(30点)、法的に問題を把握し考察できているか(40点)の観点から評価し、60点以上の得点をとることが必要である。