科学リテラシー

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
科学リテラシー
Scientific Literacy
Q120540001 2 1 後期授業 専門科目 HGOHU5303-J1 木3 A15-130,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 山本 由美子
上柿 崇英

オフィスアワー

連絡先の方に問い合わせてください。

授業目標

 科学者が現代社会において正しくサイエンスを牽引していくためには、サイエンスという知の本質を的確に理解しておくことが必要であるとともに、科学者がひとりの人間として成熟した人間観と価値観を身につけておくことが必要である。本講義では、科学者に必須の人文科学的・社会科学的知識を教授するとともに、社会的責任を有する科学者としての基礎的素養を身につけることを目標とする。

   In order for scientists to lead science correctly in today’s complicated society,
it is necessary to understand the essence of scientific knowledge and acquire mature human view  and values.   In this lecture, the instructors teach the fundamental knowledge and methodology of social sciences and the humanities, incorporate discussions based on specific problems,
and aim to learn basic skills as a socially responsible scientist.

教科書

なし

参考書

授業内で指示する。
Suggest or instruct in the lectures.

関連科目

リーディングプログラムの他の科目。

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業内で扱った話題、テーマについて自分の視野から復習し、後の講義やレポートに備えること。
 Review the topics and themes covered in each class from your own perspective.
 These studies will help you prepare for the course and reports.

◉ 成績(C合格)は、前半・後半クラスでそれぞれ60点/(100点満点中)を得点すること。(つまり、120点/200点満点中)
 前半の講義(上柿担当:50%)では最終日に課されるレポートで判定する。さらに、後半の講義(山本担当:50%)で課される最終レポートにおいて判定する。最終レポートでは各自文献調査に基づく報告とディスカッションが求められる。
単位習得のためには、科学者として必要な基礎的素養を身に着け、それを自身の言葉によって咀嚼し、表現できることが求られる。 

◉ Grades (passing C) must score 60/100 points in each of the first and second half classes. (120/200points) 
  The grade in the first half will be decided based on a report in the first half of the course (Lecture Uegaki:50%).   In addition, you will be assessed on a final report in the second half of the course. It is a report based on an academic literature survey. (Lecture Yamamoto:50%)
 In order to pass, it is required to learn the fundamental elemental skills necessary as a scientist and express it by own words.

授業の概要

 前半の講義では、科学的知や科学技術を現代社会で用いることの意味を考えるにあたって、とくに理系分野の学生が知っておくべき人文科学的・社会科学的知識について俯瞰的に講義する。
 講義の後半では、科学者が直面する諸問題と社会的責任について概説し、それらを身近な事象として認識および考察できる思考力を涵養する。各講義では映像等を用いながら、特に理系の学生が身につけておくべき人文科学的・社会科学的な視点と思考プロセスを、現代社会と科学の関係から取り上げる。それらを通じて、多方面から問いを立てることのできる科学者としての基礎的素養を習得することをめざす。

   In the first half deal with the fundamental knowledge of social sciences and the humanities that students in the field of natural science should understand when thinking about the meaning of using scientific knowledge and technology in today’s society. (Lecture Uegaki)
   In the second half of the course, we will focus on the social responsibility of scientists.
It is important to think the science from the perspective of human rights. As a basis for them, we will acquire the scientific literacy that is configured in the humanities and social science knowledge.
(Lecture Yamamoto)

授業計画

第1回 イントロダクション
Introduction
準備学習等
第2回 「人間」とは何か
What is the 'human being' ?(上柿担当)
準備学習等
第3回 「社会」とは何か
What is the 'society' ?(上柿担当)
準備学習等
第4回 「生」とは何か
What is the 'liveing' ?(上柿担当)
準備学習等
第5回 「科学的知」とは何か
What is the 'scientific knowledge' ?(上柿担当)
準備学習等
第6回 現代科学技術の諸相
Various phases of the 'modern technology' (上柿担当)
準備学習等
第7回 前半のまとめ
Looking back on the first half of the course(上柿担当)
準備学習等
第8回 科学研究と軍事 
Scientific Research and Military(山本担当)
準備学習等
第9回 戦争と倫理および科学者 1
War, Ethics and Scientist 1(山本担当)
準備学習等
第10回 戦争と倫理および科学者 2
War, Ethics and Scientist 2(山本担当)
準備学習等
第11回 科学研究とジェンダー:データから考える
Scientific Research and Gender (山本担当)
準備学習等
第12回 レポートに基づく報告とディスカッション ①
Reports and discussions based on academic literature surveys ①(山本担当)
準備学習等
第13回 科学者の社会的責任
Social responsibility of Scientists(山本担当)
準備学習等
第14回 権力について
What is Power (山本担当)
準備学習等
第15回 レポートに基づく報告とディスカッション ②
Reports and discussions based on academic literature surveys ②(山本担当)
準備学習等

成績評価

◉ 成績(C合格)は、前半・後半クラスでそれぞれ60点/(100点満点中)を得点すること。(つまり、120点/200点満点中)
 前半の講義(上柿担当:50%)では最終日に課されるレポートで判定する。さらに、後半の講義(山本担当:50%)で課される最終レポートにおいて判定する。単位習得のためには、科学者として必要な基礎的素養を身に着け、それを自身の言葉によって咀嚼し、表現できることが求られる。 

◉ Grades (passing C) must score 60/100 points in each of the first and second half classes.  (120/200 points)
  The grade in the first half will be decided based on a report in the first half of the course (Lecture Uegaki:50%).
 In addition, you will be assessed on a final report in the second half of the course.(Lecture Yamamoto:50%).
  In order to pass, it is required to learn the fundamental elemental skills necessary as a scientist and express it by own words.

備考(実務経験の活用を含む)

・講義は「対面・オンライン(非同期)混合」で行われる。
・Classes: "Face to Face ” or "Online and on-demand".
・講義内容は変更される場合がある。
・Class contents are subject to change.

◉ 授業開始前日までに受講申請を終えておくこと。
You must register for classes at least one day before the start of classes.