急性看護学援助特論II

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
急性看護学援助特論II
Advanced Nursing Intervention of Critical Care II
P621780001 2 1 後期授業 専門科目 NNNUR6503-J1 木3 B402,オンライン(羽曳野キャンパス) 北村 愛子
大江 理英

オフィスアワー


木・金12:00~13:00 A404研究室

授業目標

1.救命救急及びICU、CCU、SCUなどで集中治療を受ける状況にある患者・家族に必要な看護判断、
評価方法について理解する。
2.救命救急及びICU、CCU、SCUなどで集中治療を受ける状況にある患者・家族に必要な看護援助に
ついて理解し探究できる。

教科書

指定図書はない

参考書

クラスの中で適宜紹介する。

関連科目

急性看護学特論

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業時間だけでは、講義内容を理解することが難しいため、事前課題を実施し、予習と復習の時間が必要です。授業は、
院生の担当者を決め、講義時間に院生によるプレゼンテーション・質疑応答を行います。資料の事前準備については、指導を実施します。講義の1週間前までに事前指導を受け資料を修正、予習の上講義に参加する。

授業の概要

救命救急及びICU、CCU、SCUなどで集中治療を受ける状況にある患者・家族に必要な看護判断、評価方法および看護援助について理解するために、以下の内容を講義しクリティカルケアを探求する。  
1.救命救急治療管理を受ける患者・家族の特徴と初期対応・災害看護とトリアージ
2.急病徴候と傷病により救命救急治療を受ける患者・家族のアセスメントと看護援助
      せん妄・外傷・急性腹症・熱傷・中毒
3.高度生体侵襲に伴う症候により集中治療を受ける患者・家族のアセスメントと看護援助
      SIRS・CARS・Sepsis・DIC・MODS・ショック・CPA患者・低体温療法

授業計画

第1回 救命救急治療管理を受ける患者・家族の特徴と初期対応・災害看護とトリアージ(1) 準備学習等 救命救急の看護判断をチームで適正に実施できるように基本的知識を資料にしてプレゼンを実施する
第2回 救命救急治療管理を受ける患者・家族の特徴と初期対応・災害看護とトリアージ(2) 準備学習等
第3回 救命救急治療を受けるせん妄患者・家族のアセスメントと看護援助 準備学習等 急病徴候と傷病により救命救急集中治療管理をうける患者・家族のアセスメントと援助の内容について、看護判断するための基礎知識を事前に学習しておく
 アセスメントに必要な判断と評価の視点、及び看護援助の内容を調べて資料作成
授業でプレゼン時に多角的に検討する。特に、
急病の経過と急性混乱・疼痛・皮膚・排泄等
看護を必要とする現象のコントロールの困難さについて看護援助のあり方を探究するために、事前に援助計画を検討しておく。
3-9
第4回 救命救急治療を受ける外傷患者・家族のアセスメントと看護援助(1) 準備学習等
第5回 救命救急治療を受ける外傷患者・家族のアセスメントと看護援助(2) 準備学習等
第6回 救命救急治療を受ける急性腹症患者・家族のアセスメントと看護援助(1) 準備学習等
第7回 救命救急治療を受ける急性腹症患者・家族のアセスメントと看護援助(2) 準備学習等
第8回 救命救急治療を受ける熱傷患者・家族のアセスメントと看護援助 準備学習等
第9回 救命救急治療を受ける中毒患者・家族のアセスメントと看護援助 準備学習等
第10回 集中治療を受けるSIRS・CARS患者・家族のアセスメントと看護援助 準備学習等 高度生体侵襲に伴う症候により集中治療を
をうける患者・家族のアセスメントと援助の内容について、看護判断するための基礎知識を事前に学習しておく
 アセスメントに必要な判断と評価の視点、及び看護援助の内容を調べて資料作成
授業でプレゼン時に多角的に検討する。
特に、感染とショックからくる体液不足/過剰の問題と循環・呼吸の看護を必要とする現象の複雑さについて看護援助のあり方を探究するために、事前に援助計画を検討しておく
10-13
第11回 集中治療を受けるSepsis・DIC・MODS患者・家族のアセスメントと看護援助 準備学習等
第12回 集中治療を受けるショック、CPA患者・家族のアセスメントと看護援助(1) 準備学習等
第13回 集中治療を受けるショック、CPA患者・家族のアセスメントと看護援助(2) 準備学習等
第14回 集中治療を受ける低体温療法患者・家族のアセスメントと看護援助(1) 準備学習等 看護処置として、キュアとケアの融合の観点から看護判断し、全身管理するスキルについて
事前学習しておく
14-15
第15回 集中治療を受ける低体温療法患者・家族のアセスメントと看護援助(2) 準備学習等

成績評価

課題達成状況、クラス参加度、レポートにより総合して評価する。講義担当の事前レポート及びプレゼンテーションを40%、各小単元の理解の達成状況を、講義内の質疑応答や討議状況から把握し60%の割で評価する。授業中の課題が残された場合、ポストクラスで達成し事後レポートで評価する。

備考(実務経験の活用を含む)


授業時間だけでは、講義内容を理解することが難しいため、事前課題を実施し、予習と復習の時間が必要です。授業は、 院生の担当者を決め、講義時間に院生によるプレゼンテーション・質疑応答を行います。資料の事前準備については、指導を実施します。講義の1週間前までに事前指導を受け資料を修正、予習の上講義に参加する。