急性看護学特別研究

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
急性看護学特別研究
Master's Thesis A:Critical Care Nursing
P621150001 6 2 通年授業 専門科目 NNNUR6511-J5 割外 羽曳野教室(仮) 北村 愛子

オフィスアワー

木12:00~13:00 A404研究室

授業目標

専攻領域で学んだ講義及び演習(特論、援助特論、演習ⅠA・ⅡA)等の内容をふまえて、急性看護学領域における支援対象である個と家族のアセスメント、特殊な現象への有効な看護支援、看護支援システム等に関する研究を行い、急性看護学に関する概念や理論の発展への基礎となる能力を養う。

到達目標
クリティカルケア看護領域における研究課題の検討と研究計画書の作成、倫理的配慮の検討と倫理委員会承認の後、課題研究を実施、論文作成できる。

教科書

特に指定しない

参考書

必要時紹介する

関連科目

各分野の特論・演習、理論看護学、看護学研究法

授業時間外の学習(準備学習等について)

研究計画書の作成や実施、論文作成など指定された期日に間に合うように適切に準備、調整を進めること

授業の概要

急性看護学領域における支援対象である個と家族のアセスメント、特殊な現象への有効な看護支援、看護支援システム等に関する研究を行うための研究計画の作成と研究実施、論文作成を行う

授業計画

1~3回(1~18H)研究計画書の作成
4回(19~24H)研究倫理委員会の審査申請
5~6回(25~36H)研究開始・対象者、施設との調整
7~15回(37~90H)データ収集・整理
16~23回(91~138H)データ分析
24~30回(139~180H)修士論文の作成

成績評価

研究計画書・修士論文審査の結果を総合し評価する。学位論文審査基準に基づき評価する