在宅看護学演習IIB

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
在宅看護学演習IIB
Seminar of Home Health Nursing II B
P621100001 2 1 後期集中 専門科目 NNNUR6443-J2 割外 羽曳野教室(仮) 三輪 恭子・他

オフィスアワー

随時相談に応じますので、事前にメールしてください。

授業目標

①終末期を迎え、複雑で多様な課題を抱える在宅療養者と家族に対するアセスメント、ケアマネジメント、および、看護実践について考察できる。
②在宅におけるエンドオブライフケア、および、緩和ケアに対する高度で専門的な支援技術について説明できる。
③終末期を迎える在宅療養者の退院支援からケアの終了までの継続した在宅療養移行支援のプロセスについて説明できる。

教科書

特に指定しない

関連科目

在宅看護学特論、在宅看護学援助特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

授業の概要

終末期を迎え、複雑で多様な課題を抱える在宅療養者と家族のニーズの的確な把握とケア実践方法、緩和ケアによるQOLの向上および家族支援の方法と課題について理解を深める。また、エビデンスに基づいた高度な看護実践を展開するための方略について探求する。

授業計画

第1回 在宅緩和ケア・エンドオブライフケアの理念、諸外国および日本の現状 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第2回 在宅緩和ケア・エンドオブライフケアの理念、諸外国および日本の現状 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第3回 終末期療養者と家族への医療機関における在宅療養移行支援(後藤) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第4回 終末期療養者と家族への医療機関における在宅療養移行支援(後藤) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第5回 在宅緩和ケアにおけるアセスメント技術①トータルペイン 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第6回 在宅緩和ケアにおけるアセスメント技術①トータルペイン 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第7回 在宅緩和ケアにおけるアセスメント技術②倦怠感・せん妄・浮腫など 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第8回 在宅緩和ケアにおけるアセスメント技術②倦怠感・せん妄・浮腫など 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第9回 がん終末期患者と家族への支援①緩和ケアの実際・症状マネジメント(長尾) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第10回 がん終末期患者と家族への支援①緩和ケアの実際・症状マネジメント(長尾) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第11回 がん終末期患者と家族への支援②緩和ケアの実際:安定期の援助 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第12回 がん終末期患者と家族への支援②緩和ケアの実際:安定期の援助 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第13回 がん終末期患者と家族への支援③緩和ケアの実際:臨死期の援助 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第14回 がん終末期患者と家族への支援③緩和ケアの実際:臨死期の援助 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第15回 非がん終末期患者と家族への支援①緩和ケアの実際:認知症 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第16回 非がん終末期患者と家族への支援①緩和ケアの実際:認知症 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第17回 非がん終末期患者と家族への支援②緩和ケアの実際:呼吸・循環・代謝疾患病など 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第18回 非がん終末期患者と家族への支援②緩和ケアの実際:呼吸・循環・代謝疾患病など 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第19回 家族へのグリーフケア 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第20回 家族へのグリーフケア 準備学習等 テーマに沿って関連文献を読み、資料を作成し、プレゼンテーションの準備を行なう。
第21回 在宅緩和ケア・エンドオブライフケアにおける専門看護師の機能(河野) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第22回 在宅緩和ケア・エンドオブライフケアにおける専門看護師の機能(河野) 準備学習等 関連文献を読み、整理しておくこと。
第23回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等 フィールドワーク
訪問看護ステーション等において、終末期の療養者へのケア実践方法について学ぶ。
第24回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第25回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第26回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第27回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第28回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第29回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第30回 終末期の療養者と家族へのケアの実際 準備学習等
第31回 レポート 準備学習等

成績評価

授業目標(達成目標)の①~③の達成度で成績評価を行う。
C(合格)となるためには、①~③について論理的に説明できることが必要である。
成績は、プレゼンテーション内容、ディスカッションへの参加状況、レポート内容から総合的に評価する。