老年看護学課題研究

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
老年看護学課題研究
Master's Thesis B:Gerontological Nursing
P621050001 2 2 通年授業 専門科目 NNNUR6434-J5 割外 羽曳野教室(仮) 長畑 多代
九津見 雅美

オフィスアワー

月曜:18:00~19:00
随時学生への相談に応じますので事前に連絡してください

授業目標

老年年看護学実習の場で高齢者およびその家族に関する課題を見つけ、実践的活動と文献学習、調査活動等を通じて老年看護学における専門的知識・技術の向上や開発をはかり、専門看護師としての能力を養う。
(達成目標)
1.先行研究を踏まえて、老年看護実践の質向上に寄与する研究課題について論述できる
2.「人を対象とする医学系研究における倫理指針」を踏まえた研究計画書が作成できる
3.データ収集及びデータ分析ができる
4.結果から新たな知見を説明できる
5.先行研究を踏まえて結果を適切に考察できる

参考書

適宜紹介する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

研究のプロセスごとに指定した報告を行うための準備を適切に行うこと

授業の概要

・フィールドワークでの課題探索
実習施設をフィールドとして、高齢者およびその家族における課題を抽出し、テーマを決定する。
・文献検討
関連する文献を用いて、課題に関連する要因や解決方法等について検討する。
・課題の解決に向けた看護実践
課題解決に向けた看護実践を行い、その分析や評価を行う。
・看護実践の考察と課題研究論文の作成
老年看護学における専門的知識・技術の向上や開発に向けて考察する。

授業計画

1~30回  研究計画書の立案、作成の実際、研究データの収集と分析、レポートの作成

成績評価

達成目標の達成度により評価する
課題研究論文(70%)と学習状況(30%)により評価する。
合格(C以上)のためには以下のことが求められる
1.老年看護実践の質向上に寄与する研究課題について論述できる
2.「人を対象とする医学系研究における倫理指針」を踏まえた研究計画書が作成できる
3.データ収集及びデータ分析ができる
4.結果から新たな知見を説明できる
5.結果から適切に考察できる