地域看護学演習IIA

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
地域看護学演習IIA
Seminar of Community Health Nursing IIA
P620860001 2 1 後期集中 専門科目 NNNUR6405-J2 割外 羽曳野教室(仮) 都筑 千景・他

オフィスアワー

月・木 12:10~12:55

授業目標

地域看護分野の研究論文のレビューを通じて研究の理解を深め、批判的吟味をより洗練させることを目的とする

達成目標は次の通り
(1)地域看護分野における研究を選定し、批判的吟味の力をより洗練させること
(2)地域看護分野における研究の動向と課題について、より深く考えることができること
(3)地域看護研究について理解し、自らのテーマに基づいた研究計画書を完成させること

教科書

SPSSで学ぶ医療系データ解析 東京図書
SPSSで学ぶ医療系多変量データ解析 東京図書
よくわかる質的研究の進め方、まとめ方 医歯薬出版株式会社

参考書

金川克子・早川和生監訳:コミュニティアズパートナーモデル.医学書院
平野かよ子編:地域特性に応じた保健活動,ライフ・サイエンス・センター
授業中に紹介する

関連科目

地域看護学特論、地域看護学演習ⅠB、地域看護学援助特論

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業は学生自身が主体的に学習した資料に基づくプレゼンテーションで進める。そのため、授業時間外の資料作成、発表準備等が必要である。

授業の概要

自らのリサーチクエスチョンに基づき、研究のレビュー及びクリティークを通じて、研究テーマを洗練させ、多角的な角度から研究計画を構築することを目指す。
演習では、文献レビュー、クリティークのほかに、地域住民に向けた健康教育、健康相談を行い、地域看護実践能力の向上を図る。

授業計画

文献レビューとクリティークのプレゼンテーション、ディスカッションを通じて、下記の内容の習得を行う

・地域看護学における専門的実践
・地域看護分野における研究方法
・地域看護研究のクリティークの方法
・地域住民に向けた看護実践

成績評価

平常点、発表資料の内容及び討議への参加状況、レポートにより達成目標を評価する
合格基準は6割である