母性看護学課題研究

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
母性看護学課題研究
Master's Thesis B:Women's Health Nursing
P620730001 2 2 通年授業 専門科目 NNNUR6308-J5 割外 羽曳野教室(仮) 渡邊 香織・他

オフィスアワー

渡邊教授  随時相談に応じます。事前にメールでお知らせください。A-504研究室
佐保准教授 水・木 13:00~14:00 A-510研究室
中嶋准教授 月~金 12:10~12:55 A-502研究室
古山准教授 事前にメールでお知らせください。A-512研究室

授業目標

 母性看護学特論、母性看護学援助特論、周産期看護演習、リプロダクティブヘルスケア演習で学んだ内容を踏まえて、看護実践の中から周産期にある母子や家族、あるいは女性のライフサイクルに伴う健康課題・問題を取り上げ、実践に基づく実証的な看護研究または実際的な健康支援を通した看護研究を行い、看護の専門性が探求できる。

教科書

特に使用しない

参考書

研究内容に応じて適宜紹介する
・アメリカ心理学会(APA)著、前田樹海、江藤裕之、田中健彦訳(2015):APA論文作成マニュアル、第2版.医学書院
・前田樹海、江藤裕之(2013):APAに学ぶ看護系論文執筆のルール.医学書院
・対馬栄輝(2010):医療系研究論文の読み方・まとめ方.東京図書
・高木寛文(2009):ナースのための統計学 第2版.医学書院
・山川みやえ、牧本清子編著(2014):よくわかる看護研究論文のクリティーク.日本看護協会出版会
・グレッグ美鈴ほか(2007):質的研究の進め方・まとめ方.医歯薬出版株式会社
・萱間真美(2007):質的研究実践ノート.医学書院

関連科目

母性看護学特論、母性看護学援助特論、周産期看護演習ⅠB、ⅡB、周産期期看護実習(CNSコース)
リプロダクティブヘルスケア演習ⅠB、ⅡB、実習(CNSコース)

授業時間外の学習(準備学習等について)

研究テーマに関する文献検討など研究の動向を把握するとともに批判的吟味をしておきましょう。
また、インターネット等から情報を収集し、その社会的背景や看護への適用について理解を深めておきましょう。

授業の概要

母性看護学特論、母性看護学援助特論、周産期看護演習、リプロダクティブヘルスケア演習で学んだ内容を踏まえて、看護実践の中から周産期にある母子や家族、あるいは女性のライフサイクルに伴う健康課題・問題を取り上げ、実践に基づく実証的な看護研究または実際的な健康支援を通した看護研究を行い、看護の専門性を探求する。

授業計画

(担当者)         (授業内容)

1~30. (渡邊・佐保・中嶋) 臨床において、周産期看護またはリプロダクティブヘルスケア 
                   領域から学生の関心あるテーマにあわせて対象を選択
                   し看護実践に関する研究を行う。

                   研究やケーススタディを通して周産期看護やリプロダクティブ
                  ヘルスケアおよび看護のあり方を考察する。

成績評価

成績は課題達成状況と論文審査、最終試験により総合的に評価します。