看護教育学演習I

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
看護教育学演習I
Seminar of Nursing Education I
P620610001 2 1 前期集中 専門科目 NNNUR6218-J2 割外 羽曳野教室(仮) 細田 泰子
紙野 雪香

オフィスアワー

細田 教授:後日提示
紙野准教授:後日提示

授業目標

看護教育学特論をふまえて、看護ケアの質を高めるための教育的役割・機能を果たすための方法を検討する。

教科書

演習の中で適宜紹介する。

参考書

演習の中で適宜紹介する。

関連科目

看護教育学特論Ⅰ、看護教育学特論Ⅱ、看護教育学演習Ⅱ

授業時間外の学習(準備学習等について)

演習内で指定する報告を実施するための準備を適切に行うこと。

授業の概要

本科目では、少人数での演習形式の授業を実施する。

①看護教育学に関する諸理論や関連学問の知識を基盤に看護基礎教育・継続教育に関する計画立案・教育実践などの演習を行う。
②看護ケアの質に影響する教育的側面の要因を探索し、対象者への教育的働きかけと教育環境の整備に関する方法を検討する。

授業計画

看護教育学に関する諸理論や関連学問の知識を基盤に、関連論文の文献クリティークを行う。
授業のインストラクショナルデザインを作成し、約30分程度のミニレクチャーを行う。

成績評価

授業目標(達成目標)の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、
・関連論文の文献クリティークができること。
・研究テーマに関する新たな知見を報告できること。
・授業のインストラクショナルデザインを作成できること。
・インストラクショナルデザインを踏まえて授業のミニレクチャーを行うこと。

上記の4点を達成することが求められる。成績を評価する手段として、演習内の報告と質疑応答等の演習に対する貢献を用いる。成績評価に占める割合は、報告が60%、授業のインストラクショナルデザインとミニレクチャーが30%、貢献度が10%とする。