老年看護学特論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
老年看護学特論
Theory of Gerontological Nursing
P620410001 2 1 前期後半 専門科目 NNNUR6424-J1 水5 B402 長畑 多代

オフィスアワー

月曜:18:00~19:00
他、随時学生の相談に応じます(事前に連絡してください)

授業目標

老年看護に関わる諸理論や概念を系統的に学び、複雑かつ多様な高齢者とその家族へ看護を展開するための基盤となる知識を修得する。
<達成目標>
1)老い(エイジング)について多様な視点から検討し、加齢に伴う身体的、心理的、社会的変化と特徴について説明できる。
2)老年看護に関わる諸理論や概念を理解し、高齢者と家族への看護実践への活用および適用方法について説明できる。
3)自身のこれまでの看護実践の経験から倫理的課題を分析し、課題解決に向けた倫理調整について述べることができる。

教科書

特に指定しない

参考書

①正木治恵・真田弘美編:老年看護学概論「老いを生きる」を支えることとは(第2版),南江堂,2016
②北川公子編集:系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学(第9版),医学書院,2018
③E.H.エリクソン他:老年期-生き生きしたかかわりあい-,みすず書房,1997
④R.N.バトラー他:プロダクティブ・エイジング-高齢者は未来を切り開く-,日本評論社,1998
⑤K.コルカバ:コンフォート理論-理論の開発過程と実践への適用-,医学書院,2008
⑥井部俊子・大生定義監修:専門看護師の思考と実践,医学書院,2015
⑦鈴木和子・渡辺裕子:家族看護学 理論と実践(第4版),日本看護協会出版会,2012
⑧小藤幹恵:急性期病院で実現した身体抑制のない看護,日本看護協会出版会,2018
⑨アフアフ・イブラヒム・メレイス:移行理論と看護,学研メディカル秀潤社,2019

授業時間外の学習(準備学習等について)

提示されたテーマに沿って参考書及び関連文献を読み、効果的かつ活発なディスカッションができるよう準備する。
プレゼンテーションを担当するテーマについては、参考書や関連文献を参考にまとめたレジュメを作成する。

授業の概要

高齢者の豊かな生を支えるための基盤となる理論や概念を学び、参考文献や研究成果を素材とするディスカッションを通して理解を深める。授業は講義、院生によるプレゼンテーション、ディスカッションにより進める。

授業計画

第1回 老年期を生きる人の理解
 老い(エイジング)の概念、老年期における健康の概念
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第2回 生涯発達理論から見る老年期
 エリクソン発達理論、発達課題、高齢者の自我発達
準備学習等 参考書①、参考書②、参考書③その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第3回 老年看護学に活用できる理論・概念①
 セルフケア理論、セルフマネジメント
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第4回 老年看護学に活用できる理論・概念②
 エンパワメント、ストレングスモデル
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第5回 老年看護学に活用できる理論・概念③
 コンフォート理論
準備学習等 参考書①、参考書②、参考書⑤、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第6回 老年看護学に活用できる理論・概念④
 サクセスフルエイジング、ウェルネスアプローチ
準備学習等 参考書①、参考書②、参考書④、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第7回 老年看護学に活用できる理論・概念⑤
 ライフレビュー、ライフヒストリー、ライフストーリー
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第8回 老年看護学に活用できる理論・概念⑥
 家族システム理論、家族エンパワメントモデル、家族生活力量モデル
準備学習等 参考書②、参考書⑦、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第9回 老年看護学に活用できる理論・概念⑦
 家族介護者の生活支援、終末期の家族支援
準備学習等 参考書①、参考書⑦、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第10回 老年看護実践における倫理的課題①
 アドボカシー、エイジズム、
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第11回 老年看護実践における倫理的課題②
 高齢者虐待、身体拘束
準備学習等 参考書①、参考書②、参考書⑧、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第12回 老年看護実践における倫理的課題③
 終末期医療に関わる意思決定支援
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第13回 老年看護実践における倫理的課題④
 トランジション(移行)に関わる意思決定支援
準備学習等 参考書①、参考書⑨、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第14回 老年看護の役割と課題①
 保健医療福祉制度の変革と老年看護の役割、将来展望
準備学習等 参考書①、参考書②、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
第15回 老年看護の役割と課題②
 老年看護における高度実践
準備学習等 参考書①、参考書⑥、その他の関連文献を読んでテーマに沿ってまとめ、プレゼンテーション資料を作成する

成績評価

授業目標(達成目標)の達成度で評価を行う
評価する手段として、レポート50%、講義への参加状況(ディスカッションとプレゼンテーション)50%とする
合格(C以上)のためには以下を達成する必要がある
・老年期の発達課題、健康の概念についての概要が説明できる
・老年看護に活用できる理論・概念についての概要が説明できる
・老年看護実践における倫理的課題の概要が説明できる
・老年看護の役割と課題について説明できる