看護情報学特論I

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
看護情報学特論I
Nursing Informatics I
P620250001 2 1 前期授業 専門科目 NNNUR6206-J1 土4 羽曳野教室(仮) 森本 明子
園田 奈央

オフィスアワー

訪室時は事前に連絡して下さい。

授業目標

1.看護情報学における先行研究を概観できる。
2.看護情報学における課題を考察できる。

教科書

中山和弘 他.系統看護学講座(別巻) 看護情報学(第2版).医学書院.2017.
牧本清子、山川みやえ.よくわかる看護研究論文のクリティーク 第2版.日本看護協会出版会.2020.

参考書

授業の中で適宜紹介する。

関連科目

調査研究処理法Ⅰ、看護情報学特論Ⅱ、看護情報学演習Ⅰ・Ⅱ、他

授業時間外の学習(準備学習等について)

講義に加えて、課題のプレゼンテーションとその後の討議によって授業は進行します。
授業内で指定する課題の発表ができるよう準備を行って下さい。

授業の概要

看護情報学の主要な概念を理解するとともに、看護情報学における先行研究を概観することで看護情報学における課題を考察する。

授業計画

第1回 オリエンテーション、看護情報学の研究の紹介 準備学習等
第2回 情報ニーズに関する文献(1) 準備学習等 授業内で伝える
第3回 情報ニーズに関する文献(2) 準備学習等 授業内で伝える
第4回 情報ニーズに関する文献(3) 準備学習等 授業内で伝える
第5回 情報と意思決定に関する文献(1) 準備学習等 授業内で伝える
第6回 情報と意思決定に関する文献(2) 準備学習等 授業内で伝える
第7回 情報と意思決定に関する文献(3) 準備学習等 授業内で伝える
第8回 ヘルスリテラシーに関する文献(1) 準備学習等 授業内で伝える
第9回 ヘルスリテラシーに関する文献(2) 準備学習等 授業内で伝える
第10回 ヘルスリテラシーに関する文献(3) 準備学習等 授業内で伝える
第11回 情報の伝達・共有に関する文献(1) 準備学習等 授業内で伝える
第12回 情報の伝達・共有に関する文献(2) 準備学習等 授業内で伝える
第13回 情報の伝達・共有に関する文献(3) 準備学習等 授業内で伝える
第14回 看護情報学における課題の考察 準備学習等 授業内で伝える
第15回 看護情報学における課題の考察 準備学習等 授業内で伝える

成績評価

達成目標の達成度について評価を行います。
文献紹介の課題とレポート課題で達成度を評価し、60点以上を合格とします。
合格のための最低基準は、看護情報学における課題を考察できることです。

備考(実務経験の活用を含む)

※履修を希望する場合は、初回授業までにメール等で連絡して下さい。