理論看護学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
理論看護学
Theoretical Structures of Discipline of Nursing
P620010001 2 1 前期授業 専門科目 NNNUR5101-J1 月2 B403 中山 美由紀

オフィスアワー

月・木曜日 12:00~13:00

授業目標

看護学における理論の発展過程や看護理論の基本構造を学習し、概念枠組および理論枠組、理論構築の諸段階について理解を深める。さらに看護実践における適応とその限界を検討して、看護理論の意義を考察する。

教科書

筒井真優美編集(2020):看護理論家の業績と理論評価(第2版)、医学書院
太田喜久子、筒井真優美(監訳)(2008):フォーセット看護理論の分析と評価、医学書院

参考書

ジュリア・B・ジョージ、南裕子・野嶋佐由美・近藤房江訳(2003):看護理論集、日本看護協会出版会
その他、講義の中で適宜紹介する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

看護理論の理解は、講義のみで理解することは難しいため、準備学習で紹介する教科書の該当部分を熟読し講義に出席すること。
看護理論の各論の講義では、学生自身で選択した理論について、理論の構成要素を説明し、その理論を分析評価したものを発表してもらいます。
また、学生自身の研究テーマに関連した概念について分析をしてもらいます。

授業の概要

看護学における理論の発展過程や看護理論の基本構造を学習する。
看護学における代表的な大理論、中範囲理論などの学習を深める。
理論構築の基礎となる概念分析を理解する。
看護実践における理論の活用について、その適応と限界を検討する。

授業計画

第1回 看護理論とは 準備学習等 シラバス
第2回 看護理論の発展の基礎 準備学習等 看護理論家とその業績 第1章
第3回 看護理論を構成する要素 準備学習等 看護理論家とその業績 第2章
第4回 看護理論を構成する要素と理論構築の段階 準備学習等 看護理論家とその業績 第4章
第5回 看護理論の分析と評価 準備学習等 看護理論家とその業績 第3章
フォーセット看護理論の分析と評価 第2章
第6回 理論構築における概念と分析 準備学習等 概念分析の関連した文献(事前配布)
第7回 米国で発展した主な看護理論(1)ニード論 準備学習等 ニード論について(事前課題提示)
第8回 米国で発展した主な看護理論(2)対人関係論 準備学習等 対人関係論について(事前課題提示)
第9回 米国で発展した主な看護理論(3)システム論 準備学習等 システム論について(事前課題提示)
第10回 クライエント理解のための中・小範囲理論(1) 準備学習等 中範囲論について(事前課題提示)
第11回 クライエント理解のための中・小範囲理論(2) 準備学習等 中範囲論について(事前課題提示)
第12回 看護介入のためのの中・小範囲理論(1) 準備学習等 中範囲論について(事前課題提示)
第13回 看護介入のための中・小範囲理論(2) 準備学習等 中範囲論について(事前課題提示)
第14回 実践と理論と研究の関連性 準備学習等 自己の研究テーマに関連した概念分析
第15回 看護と理論の発達過程と21世紀の看護の方向性 準備学習等 講義資料の復習

成績評価

授業目標(達成目標)の1〜4の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、
・看護学における理論の発展過程や看護理論の基本構造を理解すること。
・看護学における代表的な大理論、中範囲理論の構造とその理論の分析評価ができること。
・理論構築の基礎となる概念分析の手法を理解し、興味のある概念を定義しさまざまなケースを考えることができること。
・看護実践における理論の活用について、その適応とその限界を検討することができること。

上記の4点を達成することが求められる。成績を評価する手法として出席、レポート、クラス発表を用いる。