Academic English IIB<6組>(工学・物質)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IIB<6組>(工学・物質)
Academic English IIB
A310040026 2 1 後期授業 外国語科目(英語) FLENG1504-J2 火2 B3-301,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 藤岡 真由美

オフィスアワー

火曜4限

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてスピーチ、プレゼンテーションの基礎力を養成することを目的とします。

教科書

College Presentation Bridge to Better Communication 出版社 Kinseido

関連科目

Academic English IB

授業時間外の学習(準備学習等について)

各自必ず以下のことを行うこと。
1.教科書の各ユニットの動画を視聴して、各練習問題をすること。また動画と音声を何度も視聴してリスニング力を高めること。
2.教科書の各ユニットのキーワードに出てくる単語とuseful phrasesの表現を復習し、小テストに備えること。
3.教科書のモデルプレゼンテーションの動画を何度も視聴して自分で練習をし、プレゼンテーションに備えること。

授業の概要

前期に学んだ英語の音声的特徴にもとづき、後期は英語で簡単なプレゼンテーションをすることを学ぶ。プレゼンテーションの学習用に編集された教科書にもとづき、モデルのプレゼンテーションを視聴して、内容を理解しプレゼンテーションに必要な論理展開方法を学ぶとともに、語彙を増強し必要な表現形式も学ぶ。さらに、Dictation, shadowing などの聴き取りと自分で英語を発する練習を通じて、英語のリスニング力を高め、実際に英語を声に出して話すことの練習をする。さらに、モデルのプレゼンテーションを繰り返して視聴し練習することにより、自分でモデルプレゼンテーションの一部分を実際に発表できるようにする。

授業計画

第1回 授業説明および Unit 1 Argumentation in essays  オンライン 準備学習等
第2回 Unit 2 The mystery of the declining bee population in Japan  オンライン 準備学習等
第3回 Unit 3 Sports in which being small is an advantage 準備学習等
第4回 Unit 4 Stargazing and its enthusiasts 準備学習等
第5回 Unit 5 Dendrochronology and the Kiso Hinoki Cypress 準備学習等
第6回 Unit 6 The seasonal adaptation of animals プレゼンテーション1予定 準備学習等
第7回 Unit 7 Percival Lowell: Pluto, Martians, and the Japanese プレゼンテーション1予定 準備学習等
第8回 Unit 8 Informal science education 準備学習等
第9回 Unit 9 Sympathy and empathy among groups: US government and native Americans 準備学習等
第10回 Unit 10 Is fear of snakes innate? 準備学習等
第11回 Unit 14 Report on ocean noise: Natural resources defense council 準備学習等
第12回 Unit 11 Emotion of university students in daily life 準備学習等
第13回 Unit 12 The role of criminal jurisprudence プレゼンテーション2予定 準備学習等
第14回 Unit 13 Diabetes: Symptoms and prevention プレゼンテーション2予定 準備学習等
第15回 Review 準備学習等
第16回 プレゼンテーション予備日 準備学習等

成績評価

主たる授業目標である英語プレゼンテーションの成果と教科書で学ぶ重要語彙・表現およびリスニングを通じて評価する。内訳は以下のとおりとする。
語彙・表現・リスニング小テスト(3回予定)  40%
英語プレゼンテーション(2回) 60%
プレゼンテーションの内容、評価基準は追って知らせる。
以上を総合して、60%の達成度をもって合格(C)とする。

備考(実務経験の活用を含む)

対面授業にて遅刻により小テストを受けなかった場合、およびオンライン授業にて提出が遅れた場合には原則として評価の対象外とします。


本授業は対面授業とオンライン授業の併用型です。大学の通知に従い最初の2週はオンライン授業です(9月7日時点)。3週目以降の授業形態については追って知らせます。

プレゼンテーションは原則対面授業で行います。オンライン授業にせざるを得ない場合は、スマートフォンでの録画を提出としますが、その詳細については授業で説明します。