工学特別講義

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
工学特別講義
Special Topics in Engineering
P120280001 2 1 前期集中 専門科目 TGOEN5101-J1 割外 オンライン(中百舌鳥キャンパス) 秋田 成司・他

オフィスアワー

月曜日(12:15~12:45:B6-204号室)

授業目標

以下の能力の基本を身につけることを達成目標とします。
1.技術者・研究者として社会に貢献する使命感、技術が人・社会・自然に及ぼす影響について深く考える姿勢と責任感、高い倫理観のある判断力を持つことができるようになること.
2.社会の変化と科学技術の激しい進歩に主体的に対応できる幅広い視野、基礎学力および柔軟な思考力をもつこと
3.専門分野の基礎的知識・技術およびその応用力を育成し、問題解決のために独自の発想で課題を探求する能力と研究を遂行する基本的能力、そして知的資産を創造する能力をもつこと

教科書

特に指定しません。資料を事前に配布します。

参考書

特許庁、「知的財産権制度入門」、http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h30_syosinsya.htm

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業時間だけで講義の内容を理解し、その理解を定着させることはできません。授業の復習はもちろんのこと、予習も必要です。
「授業計画」の欄に毎回の授業内容を示していますので、それに対応する配布済みの資料を見て、授業内容の概要を予め確認したり、授業中に理解できなかった項目を調査して下さい。

授業の概要

特許制度概要、研究活動と知的財産、特許明細書、先行資料調査とマップ、意匠法、商標法、ビジネスと知的財産戦略、知的財産の全体像、外国出願と法、著作権法、不正競争防止法、その他のトピックスについて講義を行い、理解度を確認するための試験を行います。

授業計画

第1回 特許制度概要 (1): 特許制度とは、発明とは 準備学習等 今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第2回 特許制度概要 (2): 特許要件(新規性・進歩性) 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第3回 特許制度概要 (3): 特定技術分野、発明は誰のものか 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第4回 特許制度概要 (4): 特許請求の範囲、明細書 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第5回 試験 (1) 準備学習等 前回の授業内容について復習して下さい。
第6回 先行資料調査とマップ: 先行技術文献調査、特許・実用新案に関する検索、意匠に関する検索、商標に関する検索、その他の検索 準備学習等 今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第7回 意匠法: 意匠とは、保護対象、登録要件、権利内容 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みのプリント資料を見ておいて下さい。
第8回 商標法: 商標法とは、保護対象、登録要件、判例等 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第9回 ビジネスと知的財産戦略 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第10回 試験 (2) 準備学習等 前回の授業内容について復習して下さい。
第11回 知的財産の全体像、外国出願と法 準備学習等 今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第12回 著作権法: 基礎から全般、保護対象、枝分権、著作人格権、著作隣接権等 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第13回 不正競争防止法: 基礎から、他法との関係、出所混同、商品形態模法、営業秘密等全般 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第14回 その他のトピックス: 最近の知財の動向等 準備学習等 前回の授業内容について復習し、今回の授業内容に対応する配布済みの資料を見ておいて下さい。
第15回 試験 (3) 準備学習等 前回の授業内容について復習して下さい。

成績評価

達成目標1~3の達成度を考慮し、試験によって成績を評価します。各達成目標の評価割合は,1〜3:それぞれ約33%です。平均点60点以上(満点100点)を合格とします。